サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
15 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

やはりマイン笑

2020/03/23 11:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃお - この投稿者のレビュー一覧を見る

神殿長になるのを嫌がってたのに図書館の鍵もらえるだけですぐにやる気になるマインらしい・・・。
しかももともと神殿長になったらもらえる鍵だと知らず。
フェルディナンド様ひどい笑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

登場人物倍増

2019/12/04 21:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふじのき - この投稿者のレビュー一覧を見る

前の巻が、ド・シリアスだったので、この巻の明るさに癒される。カルステットの家族、ジルべヴぇスターの家族、それぞれの護衛達。名前と顔を覚えるのが大変。ただ、キャラ作りの上手い作家なので大変だけど楽しい。コルネリウス視点の話は大笑い。反してルッツ視点のエピソードが、マインと彼との距離がじわりと広がった感じがしてひんやりする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

まいんはけんりょくをてにいれた

2019/03/19 04:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつゆき - この投稿者のレビュー一覧を見る

家族の命を救うために騎士長の養女から領主の養女になることになったマイン
マインは死んだとされて名前もローゼマインと変え、家族の名乗りを上げることも出来なくなった
だがお蔭で今までは平民として蔑まれていたマインが権力を手に入れ、本を作る上での行動が楽になったとも言える
しかし周りはいきなり上級貴族や領主一族との取引(話し合い等)に右往左往する
当然マインも全く新しい貴族の世界での生活に戸惑うことばかり
神官長にお説教されてはいるものの随分対等?に渡り合っている気がする、成長?したのか図太くなったのか
アイドルのプロマイドは金策に有効だよね 雷が怖いけどw

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

三部

2018/06/12 11:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

貴族社会のローゼマイン。
神官長もコンサートしたり目立ちました。
神官長は金になりますねー。
人気投票結果も。やはり女性読者が多いんだろうなと感じました。
新キャラも増えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歴史を創る ムーブメントを起こす

2017/09/13 17:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M77 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「数十年後から百年後くらいには・・・」と言い出した所で驚いた。
そうかこの娘は今歴史を創っていて、その自覚もあるんだな、それこそ伝説の英雄や一国の元首のような、自分が歴史の渦中に居るという自覚が。
とはいえ自分自身が歴史にジャッジされるというよりも、自分の印刷物やグーテンベルクチームが歴史に残るという認識が強いみたい。
ここまでの権力を手にしていながらオタク特有の自己卑下に囚われているのは、かえって害が大きいんじゃないかとも思うんだが。

初期の印刷物が宗教関連というのはこちらの世界と一緒だけど、個人が楽しむブロマイド的な性格を持たせているのは大分先へ進んでいる。
そう考えると、庶民が浮世絵を楽しんでいた江戸時代は、かなり特殊な進歩をした文化だったよなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/06 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/29 05:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/11 20:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/25 14:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/30 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/11 08:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/02 01:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/15 09:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/18 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/11 13:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

15 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。