サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

廉恥(幻冬舎文庫)

廉恥 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
19 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

16年ぶりの樋口顕シリーズは、一段と本格的になりつつある

2016/09/03 21:54

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今野敏が描く警視庁警部樋口顕のシリーズ第4作である。私は以前よりこの樋口シリーズを好んでおり、次回作を楽しみに待っていた。しかし、さしもの多作家である今野も他のシリーズが多忙のようで、随分前(20年前)にスタートした本シリーズもまだ第4作である。

 この前の作品『ビート』が平成12年に刊行されているので、何と16年ぶりに樋口シリーズが再開されたことになる。いやいや待たせるにもほどがある。樋口シリーズに付いてきた読者もその大半が離れて、他の作家の作品の虜になっていることであろう。

 樋口シリーズの特徴の一つは、家族のありさまを同時に描くことであろう。これは樋口シリーズに限らず、隠蔽捜査でも同じことであるが、今野は主人公を仕事の側面だけではなく、家庭人としての主人公のあり方、奥さんや子供たちとの関係を描きたいらしい。この試みは大いに成功していると認めることができる。

 隠蔽捜査の場合には主として主人公の地位の上、家庭で起きた諸事情を如何に捌くかがテーマとなっているようだが、樋口の場合はそればかりではなく、日常的な奥さんとの会話、子供たちとの接し方がテーマとなっているようだ。

 加えて氏家という生活安全部の仲間に助けられることが多い。本質的に警察人になりきれないという悩みを抱える樋口であるが、どの職場でも大同小異であろう。結果としてうまくいけばなりきれ、そうでなければなりきれないというのが通常の判定方法であろう。樋口は周囲から見れば前者であるにもかかわらず、なりきれないという。本書の中でも、上司からそろそろ管理官になってもらわなければという言葉も出てきている。

 読者も自分の人生を新たな観点から見直すと興味深い今後の方向性が見出せるかもしれない。隠蔽捜査ほどの重量感もなく、碓氷弘一ほどトリッキーではなく、警視庁の捜査モノではむしろ本格的な本シリーズは、せめてもっと定期的に作品を出していって欲しいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドンパチのない警察小説

2018/05/19 08:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

今野敏の『廉恥』は、「警視庁強行犯係・樋口顕」シリーズの4作目。
ドンパチのない警察小説で、いやらしい上司もアクの強いライバルもいないのですが、主人公樋口の人間性がいいので、面白く読めます。
廉恥とは、「いさぎよく恥を知る心が強いこと」。
ストーリーからつけられた題名ともとれますが、樋口の生き方でもあるように思えます。
 関係ないんですが、やらかしてしまいました。
このシリーズ、3作目を飛ばして4作目を先に読んでしまいました。
解説読むまで気づかなかったぐらいやから、ま、いいか。
シリーズの面白さもあるけど、単独で読んでも面白いということですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

廉恥

2018/01/24 13:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kon - この投稿者のレビュー一覧を見る

樋口刑事の生真面目さがいいですね。今回は娘の出来事のサイドストーリーとして展開しています。多少はハラハラしますが、人柄からか最後は味方がドンドンいいですね。いかに周りの人から受け入れられているのかわかります。読んでいてもさわやかな気分です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

難しい問題

2018/12/05 08:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第1弾の『廉恥』では、ストーカー殺人事件がテーマとなっていますが、事件の捜査が進むにつれ被害者の女性の方にいろいろ問題があったことが判明していき、真犯人はストーカーではないことが浮き彫りになっていくという展開です。ストーカーや痴漢の犯罪が成立するのは被害者の受け止め方に左右されるため、被害者の言い分が本当に正しいとは限らず、誰かを遠ざけたいという打算や、陥れようとする悪意が働いている場合もある、という問題に焦点が当てられています。訴えられた方は家庭や仕事を奪われる場合もあるため、捜査する側に決めつけまたは偏見があると真実を見出せず、人一人の人生を狂わせてしまう危険性を孕んでいます。判断に慎重さが求められるわけですが、実際問題としてどうなんでしょうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/06 10:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/23 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/26 15:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/06 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/02 00:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/19 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/06 11:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/28 16:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/27 11:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/08 11:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/21 12:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

19 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。