サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

山女日記(幻冬舎文庫)

山女日記 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー143件

みんなの評価3.8

評価内訳

143 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

山女

2016/08/31 17:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナウシカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

山ガールとしない所が、今に乗っからない湊さんの抵抗のような気がします。それぞれの短編が、重なり合って話を盛り上げています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

サクサク読める。

2018/12/24 23:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:優乃 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつもの著者の本とは違って、とても読んだ後どこかスッキリした。
女性として共感できる部分が多かったからでしょうか?
またこんな感じの内容で書いてほしいなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

山に行ってみようかな。

2017/06/16 21:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aya - この投稿者のレビュー一覧を見る

本屋さんのポップに「アラサー独身OLに捧ぐ・・・」と書いてあって、なんだかあまのじゃくになってしまい、なかなか読めていなかったのですが、内容はポップの文言とは全く違い、よくある独身貴族向け小説でもなんでもなく、もっと女の人の心の奥底にある気持ちを絶妙に表現してくれるものでした。
くたくたになるほど、読んでます。
大好き。どこからよんでも、いつでも読んでも心が洗われます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「山女」

2017/02/03 08:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルを見たときは、おどろおどろしい感じのミステリーかな?と思ったのですが、全然違った!いい意味で期待を裏切られました。「山女」という表現がまた素敵。山ガール、ではなく、山女。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリーじゃないけど

2017/01/31 01:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

山そのものがミステリーだ!!
私は山登りの経験もないし(多分一生やらないだろうが)山の良さは分からないが、このストーリーは楽しい。
みんなどこかで繋がっているってのも湊さんらしく纏まってて面白い!!漫画感覚で読みながらも、2回読むと少し深い意味があったりする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やっぱり湊さん。

2016/09/27 18:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:めんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

同じ30代の女性が抱える悩みや日常のふつふつとした思い、山にただ「登る」。それだけなのに、その時間が、己の現状と向き合い、価値観の違った相手を受け入れ、ゆっくりと成長させていく。広大な山の景色によって、彼女たちが少しずつ変わっていく。ひとりがすきな彼女たちが相手のペースになって成長していくものかだりすべてが、同じくひとりを好むわたしにとって、とても共感できました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

崩れる心配のないそこそこの天気の日に、適度な山をノンビリ登ってる感じの心地良さを感じる作品。

2019/01/30 08:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

崩れる心配のないそこそこの天気の日に、適度な山をノンビリ登ってる感じの心地良さを感じる作品。どうせミーハー的「山ガール」ものだろう位に思ってたが、いえいえしっかりと「山女」派ものでした。登ってる間の脳内活動(思考とはちょっと違う感じの思考形態だと私は思ってる)の描写などが実に巧いし、山自体、登山自体の描写もなかなかのもので非常に好感が持てた。いずれの話も言ってしまえば他愛のないもので、しかもはっきりとした結論があるわけでもないのだが何故か共鳴できる。これは実際に山歩きをやってる人ではと調べると、趣味が登山となっていた。益々好きになってしまったです。暗く、おぞましい作品を書く作家というイメージが強く読まずに来た作家だったが少し興味が湧いて来た。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

つながりを探すのが楽しみ

2016/08/31 21:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「山女」って、ちょっとおどろどろしい想像をして読んだ。
実際は全く違っていて、「山ガール」のお話しです。
でも、そこを「山女」 と表現するところが良いところで・・・

短編集ながら、いつものようにそれぞれのお話しにつながりがあり、
読み進めていくとそのつながりがわかってくる。「あぁ、あの話のあの場面・・」
するとその次の話では、「どうつながっているんだろう」と想像するのが楽しくなる。

同じ場面が異なる角度から描写され、「あぁ、湊さんの作品だぁ」と安心できた作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

山の空気

2017/07/20 11:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

これまでの作品とは、かなり毛色の違う世界ですが、一つ一つの登山が、確実に問題を抱えて登場する人々の心を変えていく、静かな優しい物語だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

脳内登山

2017/04/08 14:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touch - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリーかと思いきや、いい意味で裏切られた。
登場人物が、山を登りながら、自分の人生を見つめ直し、前へ進んでいく。
湊さんならではの一人称で語られる短編連作。
情景が細かく描写されており、まるで脳内登山をしているかのよう。
※新作の『リバース』についても、作品内でちょこっと紹介している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

主人公違いの短編集と思いきや。。。

2017/01/31 23:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

流行の「山ガール」というにはちょっと重い思いを抱えた主人公が
山に登って、自分と向き合う。
なんだか明るい兆しが!?と思ってページをめくると主人公が変わってる!?
でも読み進めていくうちに、山で一緒になった人という設定で再び三度登場する。
そんな設定が楽しくて、
これは二度読みするとさらに楽しい読後感を得られるのだろう。。。
そうは思うが、それはまたの機会に。
個人的に、美津子さんが好き!
山登り挑戦してみたいなぁ・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ひと山ひと山

2016/12/05 19:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ユッティ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み進める度に女性なら共感出来るシーンや自分の周囲に思いつく人物が出てきます。湊かなえさんの作品で1番好きなのは告白ですが、山女日記は何だかまるで自分も山登りをしてるかの様な錯覚に陥ります。登る前のワクワクする気持ち、登った後の爽快感と達成感を登場人物とともに読後感じるのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

山登りと女心

2016/10/24 21:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:パコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

湊かなえさんの本は初めて読んだのですが、すぐに引き込まれました。
山登りという状況に興味があり、それだけでも楽しみだったのですが、登場人物が少しずつ繋がっていくことがおもしろかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

オムニバス形式の山ガール小説

2016/09/05 10:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みるお - この投稿者のレビュー一覧を見る

オムニバス形式の山ガール小説。それぞれが、やや重めな悩みを持ちながら向き合う過程で、少しだけ話が交錯したりするところが面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なぜ山に登るか

2019/08/31 14:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワガヤ - この投稿者のレビュー一覧を見る

なぜ山に登るのか、その答えは人それぞれ。ただ登りたくなったり、何か目的があったり、短編でいろんな人がいて、それぞれつながりがあって、面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

143 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。