サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.3

評価内訳

19 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

絵が可愛い

2017/09/28 12:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えらりー - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵が可愛く、楽しい。
アイヌの文化がどうのこうのという固苦しさはなく、何の先入観もなく読んで楽しめます。大人もこどもも楽しめる絵本です。
あとから萱野茂氏の語るアイヌ文化について、理解していけば良いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伝えていきたい、やさしく素晴らしい物語

2017/05/23 09:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まもり - この投稿者のレビュー一覧を見る

アイヌの人々の独特な文化が殆ど失われてしまったのが本当に悲しい。まだ世界には様々な文化があって、継承した人々が真摯に大切に生きているのだろうけれど、最先端の科学などを得て失うものと得るものを考えると、本当に難しい問題だと苦しくなる。例えば医療の最先端はきっと今まで失われていた命をたくさん助けてくれる素晴らしいものなのだろうが、人間の寿命が延びれば延びる故の弊害もあるだろうし、全て表裏一体なのかなと終着する。

この絵本を読んで昔から興味があった魅力的な文化アイヌのことをもっともっと知りたい!と切実に思った。どいかやさんの柔らかいやさしい可愛らしい筆致も、しみじみと心に染みる素晴らしい絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人と神さまの素敵な物語

2017/03/14 04:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:青時雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アイヌの昔話をどいかやさんがやわらかなタッチの色鉛筆画で絵本にしてくれました。

肉や毛皮を人間に贈ってくれる神さまである熊に感謝して、アイヌの人たちは盛大におもてなしをして神の国へ送り返し、また熊が来るように願う。そのお祭りの際には使われなくて暇な小鍋は、いつも丁寧に使ってくれる人に感謝をして、熊の神に踊りを披露する。

人が生きるために他の動物たちの命をいただいていることに感謝することや道具を大切に使うこと。誰もが理屈では分かっているのについうっかりと忘れてしまいがちです。それに対して、アイヌの人たちは自然の恵みに感謝して道具も大切に使う。それも動物にも道具にも神さまがいるというほどに。本当に素晴らしいことです。

現代日本でこんなことをしている暇はないとか、食べ物はトレーに入って売られていて命をいただいている実感を感じられないと思われるなら、この絵本をぜひ子どもも大人も読んでもらいたいと思います。

と、ここまで書いてきましたが、神さまとアイヌの人びととの素敵な昔話ですから、理屈など抜きにしてこの絵本をたくさんの人に読んでほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

知る

2016/11/30 23:19

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

アイヌの人々は万物に神が宿ると考えている。なぜならあらゆるものを活用することを見出し、暮らしていたから。自然と共存していたアイヌの人々の思想、文化をかいまみることができる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

早口言葉みたいだけど読めば分かります

2017/07/30 09:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M77 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「アイヌの昔話ーひとつぶのサッチポロ」から「ひまなこなべ」を絵本化。漢字の題名をひらいているので早口言葉みたいだけど、読むと意味が分かります。
何年かに一度地上に降りてアイヌの家にお客として訪れる、つまり獲られて食べられ祀られるのが仕事のクマ神様。ある年に訪れた家で踊りの上手い青年に出会って…というお話。
何にでも神が宿っているので、クマ神様に矢の神様が刺さって家まで引いて行かれて火の神様に迎えられて、と大分ややこしい。
どいかやさん(これも平仮名の名前)の絵で、とても可愛らしく描かれています。特に、踊るクマ神様と青年がカワイイ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自然と

2016/12/27 19:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

自然と調和して生きていたといわれるアイヌの人たちの民話。
あまり知らない話しだったのでものすごく興味深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アイヌ

2017/05/25 06:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タタ - この投稿者のレビュー一覧を見る

少し難しい感じの内容なのかなと思っていましたが読んでみると、とても分かりやすくてスラスラ読むことができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/02/04 16:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/31 05:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/09 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/23 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/15 14:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/17 16:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/14 08:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/04 13:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

19 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。