サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

とつくにの少女 2 (BLADE COMICS)(BLADE COMICS(ブレイドコミックス))

とつくにの少女 2 (BLADE COMICS) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

中原中也に通じる静寂と孤独

2016/09/14 19:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンポポ旦那 - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず、腰巻の「これは、絵本。これは、童話。これは、詩集。」に感嘆した。何をも語らずとも、この一文が明確に本シリーズを表現している。
東欧神話のようでもあり、良くは分からないがドイツとかウクライナとかの“暗い森”を思わせ、動きの少ないモノトーンが映える描写で、絵本的に詩的に不思議な物語が綴られる。しかも中原中也の「月夜の浜辺」に通じる、あくまでも静かで孤独な世界が描かれている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

外つ国と内つ国それぞれの住人たち

2017/07/08 14:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まぎぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

そとのものに触れられてしまった少女、シーヴァ。しかし獣の姿になる気配はない。
一方、そとのものの「おかあさん」がいるという泉を訪れるせんせい。
そとのものを救う方法はあるのか?

一方、内つ国のものに存在をしられてしまったシーヴァ。おばさんが迎えに来ます。せんせいに挨拶する暇もなく連れ去られてしまいます。

森の小屋と、アップルパイをやくせんせい、色々な道具、丹念に描かれた小道具たちがすてきです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

白黒の世界観

2017/01/25 14:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:如月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

人外と少女といういびつな世界観に少しの謎と絵の雰囲気が相まって不思議と手に取りたくなる作品です。
擬音語もふきだしに書かれていたり、ベタ塗りではなく線でトーンを表現していたりと漫画なのに漫画らしくないところが面白いと思います。
ですが動きのあるコマになるとそれが逆に足を引っ張ってしまって、今どんな動きをしているのかが分かりづらくなっているのが少し勿体ないところです…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

冬の湖 黒い獣

2016/09/24 23:51

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M77 - この投稿者のレビュー一覧を見る

親がいないことを除けば普通に育ったように見える少女を、内・外どちらの勢力も欲している。そしてどちらも勘違いくさい。もう二人をそっとしといてやってよ…。

話がなかなか進まないし、分かったこともほとんど無いけど、絵が好きなので最後まで楽しんで読めてしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

連れ去られた

2019/01/03 08:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雪うさぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

先生とシーヴァの二人暮らし。
シーヴァを守るため、外の者をメッタ斬りする先生が凄かった。
外の者はバラバラになって、酷い目にあったといって、生きてた。
そして、外の者たちのおかあさんと呼ぶものに会って、呪いの解き方を聞くが逆に呪いをかけたと言われる。
教会の陰謀?でおばさんと再会。
連れ去られてしまう。


おまけの少女
先生に裁縫を教えるがうまくいかない話

おまけの外の者
首が繋がってない黒の子の首をみんなで蹴飛ばしてたので制止して、代わりに何か置こうとして微妙だねーという話

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/18 18:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/14 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/23 11:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/21 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/12 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/07 16:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

11 件中 1 件~ 11 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。