サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

花のお江戸の若旦那 彩色江戸漫画

花のお江戸の若旦那 彩色江戸漫画 みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

杉浦マンガの江戸時代人が色つきで輝いている

2017/04/01 23:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

杉浦日向子が亡くなって、10年以上経つそうな。2年前に『百日紅』がアニメ化されたりしていたので、時間の感覚が狂ってしまっていたのかもしれない。
そんな杉浦日向子のマンガが、しかも単行本になっていなかったものが、しかもしかもカラーで刊行されたというので、まるで新作のように読んでしまった。
薬種商の三代目福太郎の行状記ということだが、話は八つでそれぞれ季節を感じさせるようなもので、全編を通じて大きな物語の盛り上がりもなく、飄々とした福太郎とそれを取り巻く人たちのやりとりが面白い。
なんと言っても福太郎の「店なんてモンは三代目で潰すに決まってるじゃないか」とシレッと言えるというのが、(もちろん見たことも聞いたこともないのだが)ある種典型的な江戸時代人のように思えてしまうのだ。
そして、マンガのコマの一つ一つがあたかも本当に見てきたような江戸時代の風景・風俗で埋められているのがまたいいのだ。繰り返しになるが、それがしかもカラーなのだから、これまで見てきた杉浦マンガよりも、一層江戸の雰囲気を目の当たりに見せてくれているような気分になる。
やっぱり杉浦日向子の描く江戸時代はいいなあと思う。江戸時代を描いたマンガはたくさんあるけれど、杉浦マンガのいいところは本当に雰囲気があるところ、しかも重苦しくない人びとのやりとりが描かれているところがいいのだと思う。
そんな雰囲気が存分に描かれている1冊がこの本だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/10/11 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/11 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/17 17:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/17 12:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。