サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

万華鏡 ブラッドベリ自選傑作集(創元SF文庫)

万華鏡 ブラッドベリ自選傑作集 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

ブラッドベリはまずこれを読め!

2018/11/15 23:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

東京創元社さんは奥ゆかしいですね。
先行の別訳は1978年発行で、1987年に版元の
サンリオSF文庫が廃刊となり、今回の新訳が出るまで
長らく絶版状態でした。
ファンは待ち遠しかったはずの一冊、ばーんと新訳を
うたえばいいのに、それをしないのは十年・二十年先を
見据えているからなのでしょうね。
ロングセラーとなること請け合いの素晴らしい一冊でした。

ブラッドベリは二冊目の読破です。
一冊目に長編を読み見事に砕け散りました。
この作品を読んで納得です。
ブラッドベリの特異な世界観は、まずは短編で
慣れるべきだったのですね。

SF作家のイメージがありますが、古典学者のハイエットの
序文によると、幻想物語の作家と称されています。
宇宙生命体が出てくる作品はもちろん、アナザー・ワールド的な
話やミステリー仕立ての作品であっても、表現が独創的で
自己陶酔的な雰囲気を感じます。

翻訳者解説によると、そういった分かりにくい形容を
分かりにくいままニュアンスが伝わるように苦心されたそうです。
翻訳例を読んで納得ですし、本文を思い起こすと
心当たりがあります。意訳しすぎていないのです。
ある意味、挑戦的な翻訳と言えます。

正直に言うと、分からなくて頭から抜けていってしまい
理解不能に陥った部分もあります。
でも立ち止まって考えさせられる引っかかり感があって
心地いいのですね。
そんな摩訶不思議な魅力があるのも事実なのです。

名短編も多いですよ。
他の作家さんに影響を与えた作品も、しばしば気がつきます。
表題作の万華鏡などは、あちこちの作品で片鱗が見られます。
サイボーグ009の有名なシーンのモチーフにされているようですし、
わたしの好きな漫画でも使われていました。
ぱっと思いついたのが初代ガンダムです。
大気圏突入間近の戦闘シーンで、逃げ遅れたザクが
ばらばらになるシーンは、間違いなくこの話に影響されています。

小川洋子さんの琥珀のまたたきの元ネタもありました。ああびっくり。
その作品の唯一の疑問点が、数ある宝石の中からなぜ琥珀を
選んだのかだったのですが、一目瞭然です。
だって元のお話では琥珀がモチーフなのですから。

全二十三篇の短編集です。
分かる作品と分からない作品、しっくりこない作品、
共感する作品。振れ幅がとにかく大きいことが最大の魅力です。
それでいてブラッドベリらしさが一貫して漂っているので、本当に
不思議な作品集ですね。二度読み、三度読み必至です。

草原という作品。未来の家庭で、子どもの情操教育に
悩むお話です。子どもの残虐性に気づき、心を痛める親という
ストーリーに思えるのですが・・・見えたのですが。
分からなくて三回読みましたよ。

小さな暗殺者や、骨という作品は、グロテスクに感じて
夢見が悪いです。
刺青の男はシュールで、鮮やかな光とにぶい光に包まれた
作品です。

霧笛はロマンチック。こびとの愛らしさ、せつなさ。
すばらしき白服にいたってはコメディーなのですよ。

最後に、やさしく雨ぞ降りしきるで、ディストピアを見せて
こちらをぶん殴って終幕になります。
変幻自在、圧倒されっぱなしです。

一篇一篇のごつごつした重さは、幻想という言葉は
似つかわしくないです。むしろ、あり得ない表現に
彩られた現実感を感じるのです。
浮かんだ言葉は超現実です。シュールレアリズムの訳語
ですが日本語のほうがしっくりきますね。

非現実の妄想とはニュアンスが違い、なかなかお目に
かかれない雰囲気です。
ブラッドベリはまずこれを読め、声を大にして言いたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/11/27 13:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/23 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/08 13:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/24 01:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/21 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/30 21:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/01 08:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

8 件中 1 件~ 8 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。