サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

幸せなひとりぼっち(ハヤカワ文庫 NV)

幸せなひとりぼっち みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.1

評価内訳

15 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

2016.12 クリスマスロードショーされるらしい

2016/11/16 11:09

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kazu - この投稿者のレビュー一覧を見る

妻に先立たれた初老の男(オーヴェ)のの話。オーヴェを中心に15ページ前後でエピソードが語られるのので、区切りよく読みやすかったです。
 自分と違い明るくて前向きな妻に先立たれ、そのあとを追ってただただ自殺したいだけなのに…。物おじしないイラン人女性が近所に引っ越ししてからというものの小さな出来事に巻き込まれ、なんだかんだ律儀な性格からか困った人を助けてしまい本来の目的(自殺)からはだんだん遠ざかっていく。 子供にも権力者にも媚びず、誰に対してもぶれない態度…でも、なんでか幼児に好かれて相手をしたり大嫌いな猫でさえ世話をする中でオーヴェ自身の孤独なココロが変化。
 iPad一つ買うことにすごーく時間がかかる(←iPadを理解するのにも)のに、旧式の物々は手際よく直してしまう…、現代のIT生活に慣れ自分でいろいろできない人々を嘆き、文面通り行動する役所の人に辛辣な態度…結構、やりたい放題に見えてとても愛のあるオーヴェ。 ちょっと映画が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本も映画もおススメです

2019/02/19 17:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔角川が「読んでから見るか、見てから読むか」と大々的な広告で映画と文庫本の拡大をはかったことがある。
 今では当たり前になったメディアミックスの先駆けだろう。
 スウェーデンの作家によるこの長編小説も映画の公開に合わせて2016年の秋日本で刊行された。
 映画の公開も2016年12月だから、この本を読んで映画館に走った人もいるだろう。何しろこの小説はスウェーデン国内で100万部に近いベストセラーだし、その翻訳は多くの国で出版されている。
 しかし、それよりも映画を観てからこの本を手にする人の方が多かったのではないだろうか。地元スウェーデンでは国民の5人に1人が観たといわれるほど人気の高い映画で、受賞はならなかったがアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたほどだ。

 この小説の原題は「En man som heter Ove(オーヴェという名前の男)」だが、邦訳は映画のタイトルに合わせたそうだ。
 原題のようにこれはオーヴェという59歳の頑固な男が主人公だ。
 妻をガンで亡くし、さらには「少しのんびりするのも悪くない」と体のいいリストラにあって、絶望している。だから、早く妻のところに行こうと決める。
 そんなところに向かいの家に引っ越してきた家族にひっかきまわされてしまうオーヴェ。やがて、彼は生きることを自然と選ぶようになっていく。

 小説ではすべての章に「オーヴェという」と付いたタイトルになっている。
 彼と妻、彼と父親、彼と隣人たちなど、うまく構成されている。
 映画もよかったが、小説もいい。
 この本を読んだなら、ぜひ映画も観てもらいたい。
 とってもいいのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エピローグの手紙で目から熱いものがこみ上げてくる

2017/05/26 21:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:J・P・フリーマン - この投稿者のレビュー一覧を見る

融通のきかない59歳の頑固おやじオーヴェ。妻を亡くし、長年勤めていた会社から早期退職に追い込まれて、自殺を決意します。ですが、自殺のたびに邪魔が入り、近所の人たちといやいやながら交流しているうちに、再び生きる意味を見つけていく、という物語です。オーヴェの人格形成となった過去のエピソードを織り交ぜることで、オーヴェのバス嫌いや、三歳児に告げ口するなと怒るちょっとしたシーンが生きてきます。何も知らなければ、怒ってばかりのおじいさんなのに、彼のことを知れば知るほど小さなコミュニティのヒーローに映りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

寓話ぽい。

2017/09/06 13:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:igashy - この投稿者のレビュー一覧を見る

唯一の愛の対象であった妻に先立たれた59歳の頑固おやじオーヴェ。何とかすぐに後を追おうとしているもののその度に邪魔が入り……スウェーデンの小説。 かなりベタですが面白く、そして泣けます。
ただ私的な好みからすると主要キャラはちょっとやりすぎ感が。作者のサービス心かな。パルヴァネは外国人妊婦にしても厚かましすぎるし、オーヴェも現在の周囲への対応はともかく、旧友ルネとの攻防は私怨が入りすぎていて、実直で規則に忠実という設定からはみ出ている気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/09/17 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/11 09:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/22 05:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/17 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/25 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/07 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/16 08:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/19 16:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/03 18:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/09 01:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/20 17:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

15 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。