サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

サイコパス(文春新書)

サイコパス みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー23件

みんなの評価3.7

評価内訳

23 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

脳科学で見るサイコパス、興味深い。

2017/01/29 21:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗山 - この投稿者のレビュー一覧を見る

元MENSAの会員でありながら、脳科学者の著者が
脳科学で見たサイコパスの話です。

脳に関して知識がなくてもすらすら読めました。
かなり分かりやすかったです。

「サイコパス」の分析書です。
顔立ちと脳、特徴、行動、職業などなど
色んな分野で分析しています。

実例のサイコパス二人の話が頭から離れません。
脳が恐怖と不安を学習できない、また心拍数が低いなどなど。
かなり興味深かったです。
おすすめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

違和感のある存在を理解するために

2017/03/20 22:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:坂の下の落人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

脳科学者によるサイコパス(精神病質・パーソナリティ障害)のメカニズムや症状、原因考察の話題書。
おそらく私も含め、芸能ニュースで話題になった人々や身の回りの不可解な人々に対して、少しでもその理由や背景を知り、納得したいと手に取ったと思います。
著者は脳科学者として、過去の症例や専門家の考察から、サイコパスを客観的に、わかりやすく検証しています。所々に著者の私見もあり、期待どおり、読者の知的好奇心やのぞき見根性に応えてくれます。
この本が売れているということは、闇を抱えた人の存在や、どこか病んでいる社会を憂慮し、辟易している人が思いのほか多いということでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私の周りにも

2017/02/21 09:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touch - この投稿者のレビュー一覧を見る

サイコパスの特性が、とても分かりやすく説明されている。
いわゆる猟奇殺人とまではいかなくても、サイコパス的な人は、私の周りにもいるような気がする(自分はそうではないと信じたいが)。
先日読んだ「クラッシャー上司」を思い出すと、クラッシャー上司は、まさしくサイコパスなのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生存に有利?

2016/12/05 18:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小林 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は100人に1人とされるサイコパスの出現率からサイコパスが生存に有利な結果と解釈していましだが、自分はそれはどうかなと思いました。100分の1というのはそれ程高い数字には思えないからです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/19 02:01

投稿元:ブクログ

サイコパス(精神病質)について書かれたものではあるが、サイコパスとは何なのかが宙ぶらりんのまま終わる残念すぎる新書。

サイコパスはテストの各項目によって診断され、各人のスペクトラム(まちまちの程度差)が出る、サイコパス≠凶悪犯罪者である、ということは理解できるものの、
「あの歴史上の偉人も、世間を騒がせる有名人もサイコパスかもしれない」ような具合で列挙されると、さすがに軽々しく思われ、三文記事のような印象になっている。

またサイコパス特性が、戦時下やある部族社会などにおいては有益ともなりうる、とまで視点を変えられてしまうと、判然と分類できる概念なのか、却って疑問を深めてしまった。

2017/02/21 13:17

投稿元:ブクログ

お友達にサイコパスっぽい人がいる。ある人からこの本を勧められて読み始めたが、最初の数ページで、頭の中のモヤモヤがパーっと晴れていった気がする。サイコパスっぽい友達は、「ぽい」だはなく、明らかに「サイコパス」だ。そう思って付き合えば、すべての疑問が解決できるし、もっと笑顔で付き合える。サイコパスは犯罪者とは限らないが、心底信用して付き合うにはいくつかの注意点がある。この本は、そんな身の回りに潜んでいるサイコパスな友人との付き合い方を指南してくれる本だ。

2017/01/30 19:36

投稿元:ブクログ

サイコパス興味深い。共感する働きが弱くて、自分にとっての最善だけを迷わず選べる脳。そんな”異常な”存在でも遺伝子が生き延びてきたのは、サイコパスたちが偉大な業績ものこしてきたから。新書ってどうしてもキャッチーでこじつけになっちゃう部分があるから、そのへんは目をつむるとして、とにかく興味深い。

2017/01/31 12:31

投稿元:ブクログ

織田信長やスティーブ・ジョブスがサイコパスってのはわかるが、マザー・テレサもサイコパスだったというのは知らなかった。(調べると色々出てくるが)
自分もサイコパスかな?と思っていたが、セルフチェックでは平均を大幅に下回る結果で、全く該当しない事がわかり、少々イガイだった。
サイコパスには良心がなく合理的な判断をするとの事だが、恐怖や不安を感じにくくリスク管理が甘い(よく言えば冒険心がある)ようで、その点が自分とは異なるのかなと感じた。だから対サイコパスとしては、徹底的に合理的な恐怖(生命・財産・権利を奪う)を与え、行為を起こさせないように萎縮・抑制させるのが有効なのではないかと感じた。マクロ的にはその辺の法整備や制度設計が今後の課題だろう。
身近にそういう人間がいて危害がある場合には正義は通用しないので、損得で追い詰めていく必要がある。また予防策としては目立つ人間を信じない事、常に疑う事かな。
収穫だったのは「愛情・友情・助け合い」は美しいものではなく脳が勝手にそう判断しているだけであり、種として生き延びるのに便利だから重んじられてるだけという事。サイコパスは脳異常により、遺伝的に良心や倫理を重んじる事ができないそうだ。それでも淘汰されずに1%の割合で生き残っているというのが興味深い。人類にとって必要悪という事になるのだろうか。自分に直接の害がなければ存在は構わないが、もうちょっと遺伝子的に淘汰されてもいいような気はするが。
中野信子はTVのコメントでは冴えてるのに書籍はイマイチという印象があったが、出版重ねて除々によくなっている気がする。

2017/01/24 10:20

投稿元:ブクログ

冒頭の列記されたサイコパスの特徴を読んでるうちにアメリカの新大統領になったあの人もそうに違いないと思えるようになった。息を吐くように嘘を言うし、人からどんなに非難されても蛙の面に小便。人との共感性もない。とりあえず注視するしかない。

2017/01/22 11:49

投稿元:ブクログ

脳科学の立場からサイコパスについてあれこれ
多くのトピックを浅く扱っているので軽くてすぐ読み終わります。
暇つぶしにどうぞ。

2017/02/11 01:41

投稿元:ブクログ

サイコパスを知る入門として参考になった。新書だし、パッと読み終えてここから主要な文献について辿っていく事もできるだろう。

2017/03/21 23:31

投稿元:ブクログ

サイコパスとは一般の人と比べて不安感が小さい等の独特の感性を持つ人である。共感能力が低い。適応出来ている人はハッタリを効かせていて、故に普通より魅力的なことも多い。IQや実務能力は特に変わらないかむしろ劣る場合が多い。適応層は罪悪感が他人よりないことに気付き、リサーチと工夫でなんとか合わせてしまう。不適応層はトラブルメーカーで犯罪率が高くなる。そんな人達が100人に1人平均で存在するという。あのジョブズもそうらしいし、たぶんトラ●プ氏もそうなんじゃなかろうか。彼らの一番の悩みは孤独感という。犯罪抑止を中心とした世の中への適合から孤独感の解消まで、対応は簡単では無さそうだ。今後の研究の進展が待たれる。

2017/03/05 19:44

投稿元:ブクログ

専門用語が多くてなかなか内容が頭に入ってこなかった。
同じことを何回も繰り返し述べているところもあり、飽きることも。
ただ、サイコパスといっても勝ち組や負け組といったタイプがあるのだと知った。

2017/03/16 23:32

投稿元:ブクログ

サイコパスとはを科学、特に脳科学の視点から説明している。
自信満々で魅力的な人って盲信できないタイプだと信じたい。前頭前皮質、扁桃体それぞれの役割、結びつきの話が面白かった。不安を感じないで、リスクに飛び込む力ってのは惹かれる。
CEOにサイコパスが多いって、なんか納得。

2017/02/26 21:55

投稿元:ブクログ

【要旨】サイコパス=相手の考えていることは理解できるが共感できない人。一定数いることで役立ってきた?
一章、特徴:心拍数が低い→緊張しにくい(プレゼンがうまい)、スリルを求める。積極性が高く周囲をかえてしまうためにストレスがない。最後通牒ゲームで相手が多くとっても損得を優先して拒否しない。
二章、偏桃体(感情)が弱く、前頭皮質(良心)との結びつきが弱い→強いと逆に鬱やパニック障害に。良心は社会によって変わるから、後天的に学習する必要がある。罰より見返りをほしがる。

【コメント】
サイコパスがどういう人か、については概ね本を読まなくてもわかっているような内容だった。詳細の記述は目新しさはあるものの、そこから生まれる結論は平凡。
むしろ、日本でサイコパスがこれだけ持て囃されるようになったのはなぜか考えてみる方に価値があるのではないだろうか。平気でうそをつく人、相手の気持ちを理解できない人というのは昔からいたはずだが、なぜ今注目されるのか。協力型の非サイコパスが勝ち組になれなくなってきて、競争型のサイコパスが勝ち組に占める割合が増えてきたのだろうか。閉塞感のある社会こそ、サイコパス的な、異端児的な人しか成功しなくなるのかもしれない。

23 件中 1 件~ 15 件を表示