サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.1

評価内訳

28 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

知的興奮

2016/11/13 06:22

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さんぴん - この投稿者のレビュー一覧を見る

池上彰×佐藤優氏の対談新書では3冊目。毎回読んでますがハズレなしですね。お二人の議論はいつも楽しく興奮してます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

万能ではない両氏

2017/03/05 15:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

池上氏と佐藤氏が現代の諸問題を語り合う第三弾。暴走気味の佐藤氏を池上氏が中和するいつもの展開で、ほど良い対談集に仕上がっています。
 内容は、新自由主義により超格差社会が到来、その反動としてポピュリズムが全世界を席捲する中で現われた世界のリーダーたちを論評。最後に理想のリーダー像を語るという構成です。社会的タブーは語らないことが政治家の不文律のはずが、タブーを語ることで大衆を煽り、人気を掴むのが世界的潮流のようです。軽挙妄動になりがちで、世界は想像以上に深刻な事態になっていると認識しておく必要がありそうです。
 ところで、橋下徹を「トランプ氏と同類だ」と、佐藤氏ではなく池上氏が何度も執拗に攻撃。異論はありませんが、もはやタレントにすぎない橋下を個人攻撃するとは、相当嫌いなのでしょう。池上氏にしては珍しいと思いました。
 また、あたかも日本を代表する知性のように喧伝される二人ですが、トランプ大統領就任後の見立ては結構外れていて笑えます。今のところは、木村太郎の見立ての方が当たっています。それだけトランプの言動は予想できないということでしょうか。
 この手の本は、すぐには読まずに、しばらくして読むのも面白いですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新・リーダー論 大格差時代のインテリジェンス

2016/11/30 02:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドラゴンタトゥ - この投稿者のレビュー一覧を見る

リーダー論としてよりも、激動の一年を振り返っての世界情勢の情報分析が面白かった。
特に米大統領選で、トランプが元民主党員で、ヒラリークリントンは元共和党員で政策自体が、ブッシュ元大統領時代のネオコン的発想だという指摘が鋭い。
また、現NTP体制では、核保有の選択をした瞬間に、ウランを輸入できなくなり、日本はエネルギー危機になる。「日本の核武装は物理的に不可能」との言葉は重い。
日本国民がこの事実を広く共有することが望まれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

第3段に至って

2016/11/20 16:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小林 - この投稿者のレビュー一覧を見る

これまでの2冊では世界史だの戦争だのとテーマが付いているのは不要だと思っていました。2冊目は1冊目からの情報更新で、それぞれの内容はテーマで分けられないと思ったからです。また世界史の教科書の話題を入れているのをこじつけに感じたのもあります。ただ今回は大統領選挙があったためにテーマの意義を初めて実感しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

インテリジェンスの権威2人の対談第3弾

2016/11/20 00:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

池上氏と佐藤氏の対談をまとめた本の第3弾。書名は「リーダー論」ですが、内容的にはイギリスのEU離脱、アメリカ大統領選挙、パナマ文書にみられる格差拡大等々の国際時事問題に関する対談をまとめた本で「これからのリーダーはどうあるべき」的な内容は少ない目です。
プーチン大統領、エルドアン大統領などにみられるちょっと強硬な指導者や、国民投票でEU離脱を招いたキャメロン前首相、異端の大統領候補トランプ氏などの政治家がなぜそれぞれの国でリーダーとして選ばれたのか(トランプ氏は共和党候補という意味で)という視点で対談が進んで行きます。
かなり幅広いトピックスについて新書1冊にまとめた本なので、それぞれの項目に関しての掘り下げ度合はほどほどですが、時事問題についてのお二人の見解をざっと俯瞰できる点は参考になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/10/23 17:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/09 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/19 19:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/11 12:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/27 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/04 10:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/02 14:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/20 15:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/27 12:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/16 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

28 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。