サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

寺田屋事件前夜

2017/01/29 15:47

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

本巻では、「久光東上」を中心に1862年3月から4月までの2ヶ月間を描いています。
 久光の思惑、大久保・西郷の思惑、薩摩藩過激派の思惑、長州藩をはじめとした他藩の思惑、京都公家の思惑等、それぞれの思惑が交錯。次巻は遂に寺田屋事件です。とにかく、幕末に近づきつつある緊迫感が伝わってくる内容でした。
 ところで、清河八郎が倒幕運動の火付け役(キーマン)とは知りませんでした。また、三大名城等の巨大城(熊本城・姫路城・大阪城・名古屋城)は、薩摩が江戸に攻め上れないよう配置していたとの由。本書は本当に勉強になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

だから討幕に薩摩藩は一役買ったのだということが何となくわかってくるようだ

2016/12/12 23:44

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

幕末編も28巻になりました。でも、終わる気配はないです。
この巻では、いわゆる歴史的な事件は起きていません。いや、起きてはいるのでしょうが、普通知られている日本史の事項に相当するものはないということです。
話のメインは、薩摩藩主島津久光の上洛にまつわる大久保一蔵、大島三右衛門こと西郷隆盛らの行動録と、討幕を狙う一群の者たちの動向を描き、そこにシーボルトやら坂本龍馬やらがチラチラ顔を出してくるというものです。
ここまで薩摩藩の動きを描き続けるのは、こここそ公武合体でなく徳川幕府崩壊となった歴史の事実を評価するのに必要なことなのでしょうし、だからこそこの『風雲児たち』が関ケ原の合戦から描かなければならなかったことの一端を示しているように思われます。
でも、正直、地味な話の連続で、少々ダレ感を持ってしまったのは私だけでしょうか。
そして、だからこそ、巻末の29巻予告編(?)に妙な期待を持ってしまったのでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/12/02 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/07 14:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/01 02:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。