サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. すえずえ
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

すえずえ(新潮文庫)

すえずえ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
15 件中 1 件~ 15 件を表示

2016/12/17 14:43

投稿元:ブクログ

しゃばけシリーズ

栄吉さんファンなので栄吉さんのお話がよかった。

栄吉の来年
寛朝の明日
おたえの、とこしえ
仁吉と佐助の千年
妖達の来月

みもりx畠中恵 東海道中しゃばけ旅 (対談)

2017/01/13 16:58

投稿元:ブクログ

ほんの少し周囲の状況が変化。婚約とかいろいろ。
あとはいつも通りのライトでクリーンな展開。
希薄というか無個性というか・・・もうちょっとだけドロドロしてもいいのでは。
於りんちゃんって、以前確かにいたんだけど誰だっけ・・・みたいに印象に残らないというか何というか。

2017/01/01 12:43

投稿元:ブクログ

おや、若旦那におりんちゃん、そういう展開もありなの?栄吉の嫁の話で心配したけど、とてもウェルカムな展開で嬉しい!

2016/12/13 10:29

投稿元:ブクログ

上方からきた 赤酢屋さんには 困ったものですね でもなんだか最後はかわいそうにもなりました。
助けてくれたり 助言してくれる仲間がいないんだなぁ~とね

黒羽坊も落ち着ける場所ができてよかったです(#^.^#)
それになによりよかったのは、
若だんなと栄吉さんにお嫁さんが決まったこと なんだかまた、にぎやかになりそうですね。
若だんな 寝てても 寝込むって プロの病人ですね。

2017/01/04 06:33

投稿元:ブクログ

貧乏神のエピソードがわりと好きかも。
和菓子が相変わらずな栄吉さんと体調が相変わらずな若旦那に許嫁ができるとはねぇ…。
うっかりさっくりあの世に行かずにがんばってほしいです若旦那!

2017/01/17 14:45

投稿元:ブクログ

感想はブログでどうぞ
http://takotakora.at.webry.info/201701/article_2.html

2016/12/15 12:18

投稿元:ブクログ

栄吉の来年/寛朝の明日/おたえの、とこしえ/仁吉と佐助の千年/妖達の来月

先を見る、先を考える。未来はどうなるか自分にも分からない。若だんなのあしたはどうなっていくんだろう?

2016/12/11 11:14

投稿元:ブクログ

幼馴染みの栄吉が見合いをしたと聞かされ、若だんなは心穏やかではない。
その頃、若だんなの嫁取りを心配した祖母のおぎんも、仁吉と佐助にある決断をさせようとしていた。
物語が大きく動く、しゃばけシリーズ、第13弾。

2016年12月10日読了。
このまま、まったりと過ぎていくのかと思っていた物語の世界が、大きく動きました。
栄吉の見合いがきっかけとなり、若だんながぼんやりと未来を考え始め、おぎんは仁吉たちに身の振り方を問いかける。
兄やたちが若だんなのそばを離れるわけはないよなーと思いつつも、これはどこに落ち着くんだろう?と考えながら読みました。
とりあえずは一件落着。ですが、この先も若だんなは少しずつ、少しずつ、大人になっていくんだなぁという感じ。それもまたシリーズの楽しみですね。

2016/12/18 15:21

投稿元:ブクログ

シリーズ第13弾
栄吉や一太郎の将来を感じさせる巻
少しづつ時が過ぎていることを感じさせる。
妖怪たちも元気です。
相変わらずの読みやすさ、1日で読んでしまう。

2016/12/23 22:27

投稿元:ブクログ

栄吉に見合い? 若だんなに許嫁?
それだけ、月日が経ったんですねえ。佐吉の気持ちと合わせて、感慨深い。
それより、若だんなが旅に出るというのが、一番の驚きかも。

2016/12/29 14:47

投稿元:ブクログ

畠中恵さん、デビュー当時からみると本当に達者になってきたね~
まだほかのシリーズを読み続けてみようとは思わないんだけど、文庫化もゆっくりだし、手をつけてみようかな。
一太郎さんの結婚までさて、あと何年だろう・・・

ちなみに金次さん、いい味出してるね。

2016/12/06 00:29

投稿元:ブクログ

シリーズ第13段
ななんと若だんなの許婚が決まったのか?
若だんなは相変わらずの病弱ながらも船に乗って父親探しの旅にも出て随分逞しくなったなぁ。
千年以上生きる妖に比べると人である若だんなの命のなんと儚いことか。そんな眼を背けたくなるような耳を塞ぎたくなるような事実に出した兄や2人の答えが凄く素敵でした。

2017/01/03 14:54

投稿元:ブクログ

安定のほっこり感。すえずえ(行く末)のことを書いた5編。妖達が初めて自分の物を持ち、少しの戸惑いとそれを上回る喜びが書かれているシーンが良かった。

2017/01/17 21:56

投稿元:ブクログ

しゃばけシリーズは安定した面白さとほっこりさです。
今回はお嫁さん探しから、若旦那のお嫁さんって
どんな人なんだろうと思っていたら、納得でした。
最後のお話は悲しく寂しいお話でした。
それでもまだ温かさがあるのが、しゃばけシリーズのいいところですね。

2017/01/12 15:46

投稿元:ブクログ

「いつか」を考えさせられる。今のままではいられない。仁吉や佐助の心情、そして若旦那。いつもの暖かいしゃばけシリーズにちょっとだけ寂しさの加わったお話。

15 件中 1 件~ 15 件を表示