サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

趣向を凝らした警察小説集

2016/11/20 21:29

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は所謂警察小説を集めた「警察アンソロジー」である。このジャンルを得意とする小説家5人がそれぞれ腕ならぬ筆を振るという趣向である。警察小説がなぜこんなにもてはやされるのであろうカ。警察小説はいわゆる推理小説に属するものだと考えがちだが、最近はその範囲が拡大している。

 もちろん、推理小説に属する警察小説がほとんどだが、推理といえば、殺人事件が発生し、それを解決するのが警察の捜査活動だというのが以前のパターンであった。ところが、横山秀夫のように警察の内部の動きをテーマにする作家が現れてきた。今まで一般には知られていなかった警察の動きが表に出るようになってきたのである。

 本書の5人の小説家は警察小説をどう捉えているのか。それを確かめるだけでも本書は楽しめる。最初の薬丸岳の『黄昏』は、近頃ニュースネタになる高齢者の行方不明がテーマの一部になっている。随分今様なのである。警察小説はドラマも含めて社会の動きを最も敏感に捉えていると考えても間違いではなかろう。

 そういう点ではきわめてタイムリーな小説であろう。柚月礼子の『恨みを刻む』は警察というよりは、検察の話、すなわち検事と地検が主人公となっている。実際には悪徳警察官絡みなので、警察小説と言えるかもしれない。それを警察内部ではなく、外部の検察が追及するというストーリーになっている。

 今野敏の『みぎわ』は、警視庁神南署の安積警部補が東京湾臨海署に転勤したのちの事件をテーマにしている典型的な警察推理小説である。このシリーズでよく登場する事件を通して部下との交流を描いたものと言ってもよい。いつもながらさっぱりとした読後感を味わえる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/10/16 16:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/06 18:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/17 20:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/19 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/31 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/16 08:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/07 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/27 14:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/22 21:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/17 19:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

11 件中 1 件~ 11 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。