サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

その峰の彼方(文春文庫)

その峰の彼方 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.2

評価内訳

14 件中 1 件~ 14 件を表示

紙の本

その峰の彼方

2018/06/10 10:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kon - この投稿者のレビュー一覧を見る

本格山岳小説です。マッキンリーの冬登山を十分に描写しています。まさに笹本山岳小説です。救助隊と遭難者の2面を記述しています。これでもかこれでもかの山岳小説です。最後は劇的ですね。今の医療はこうなっているのでしょうか。それとも空想ですか。興味がわきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

秀作だが、読者を選ぶのでは

2017/05/28 22:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YK - この投稿者のレビュー一覧を見る

アラスカのマッキンリーで遭難した山岳ガイド津田悟を救助する山岳ガイド達の救助劇と、意識不明の重体で救出後、悟が意識を回復するまでの周囲の人たちの葛藤を描いた山岳小説。
前半部分の救出劇のリアルな描写はさすが山岳小説の第一人者笹本氏。
しかし、文庫本で約600ページにも及ぶ長編のストーリーで一貫して中心に据えられているのは「なぜ、日常の幸福な生活を失うリスクを負ってまで、命がけで山にむかうのか」という疑問。遭難する主人公 悟 がなぜ厳冬期のマッキンリーに向かったのか、その答えを登場する友人達や悟の妻のセリフを通じて描いています。こういう問いかけへの答えを思索することに波長が合う人なら、彼らが語るちょっと哲学的な会話もスッと頭に入ってくるでしょう。しかし私はいくら頑張って読みづつけても、イマイチ共感できない理屈が述べられているように感じました。
山に登らない人にはなかなか理解できない「何故山に登るのか」という疑問に対する著者なりの思索を長大なストーリーに落とし込んだ著者の筆力はすごいと思いますが、世界有数の難峰マッキンリーの登攀シーンを中心とした物語の方が良かったかなぁ、と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

集大成・新境地というべきか

2017/05/07 07:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

笹本作品のいわゆる冒険モノは大好きで、これまですべて読んできました。どれ一つ外れがなく、というか全て当たりで大感動必至の作品ばかりです。それらには良い意味で共通点のようなものがあって、いくつかのパート(場面)に分かれて進む物語、つまり仕込み部分があります。それらがつながって物語は一気に加速し、冒険パートに入ると始終ハラハラドキドキ!次から次へと襲い掛かってくる絶望に、勇気と気合で乗り越えていく。しかしそれでも襲い来るさらなる絶望に、もう今度こそダメか・・・と思わせて、天啓のように沸き起こる奇跡に鳥肌が立つという流れ。そして感動の大団円に滂沱の涙にくれるという爽快感。この奇跡のような予定調和を求めて作品を読み続けてきたのですが。
本作品は、これまでのものとは少し感触が違いました。これまでのように仕込み部分もあり冒険パートもあって、ハラハラ感もあるのだけれど。そこにどうも思想的な物を色濃く混ぜ込んできた感じ。山に登る意味、とか人生の意味、本当の幸せ等を厳しい命がけの登山を通して考える、というような。その結果作品全体のスピード感を殺す結果になっていると感じました。良く言えば冒険モノ、感動モノだけではない重厚な作品になっていて集大成とか、新境地というようにも捉えられます。ただこれまでの作品のような感触を求めて読むと、そこがちょっとまどろっこしく感じてしまいました。終わり方もスッキリ晴れやか大感動!というような感じではなく、うーん、次回作はどうなるのかなあという感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/06/17 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/21 16:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/12 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/11 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/22 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/21 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/24 15:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/14 17:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/24 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/14 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/26 12:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

14 件中 1 件~ 14 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。