サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

学校の先生が心の準備をするためにさっと読みじっくり考えるための本

2017/02/28 19:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tkamada - この投稿者のレビュー一覧を見る

あるところで本書が紹介されているのを読んで知りましたが、歯切れの悪い推薦文で、なにごとかと思い購入しました。著者の先生方と面識があることもあり。

タイトルや体裁からは一般向けの印象ですが、教育内容に強い関心を持つ親御さんでなければ、場違い感でいっぱいになるかと思います。本書は学校の先生方、特にプログラミング必修化を心配している先生が対象です。あるいは、世界の情報教育事情に関心のある方。

著者の皆さんはそれぞれに第一線の研究者でありつつ、いろいろな人の意見をきいて政策に提言されたり一般の方に向けた文章をよく書かれる方々なので、内容の正確さは保障できます。ですから、「さあ困った、なにを頭に置いて子どもに向かい合えばいいの?」と、心の準備に戸惑っている先生方や親御さんにはよい手助けになると思います。その理由は、ノウハウでなく「考え方」に焦点をあてた書き方になっているからです。

どの章もよくまとまっていますが、個人的には萩谷先生執筆の第5章をじっくりと味わっていただきたいなと思います。とても深い、先進国すべてが本気で考えている情報教育の本質とはなにか、を易しい言葉で紹介しているからです。

最後に編集の方への苦言をひとつ。執筆者が誠実に最大限の努力を払ったはずなのに、いろいろな面で誤解を受けやすい形になってしまっているのは本として不幸なことに思います。特にタイトルと帯のミスリードぶりは、売りたい気持ちを優先しすぎた不誠実なものではないでしょうか。もしこの次があるならば、本書のタイトルにふさわしい、長く読み継がれる書籍として作り直していただきたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

プログラミング紹介の本で実際の現場話はありません

2017/01/30 23:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雪ん子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本のタイトルから、小学校で初めてプログラミングを教える先生達の苦労や試行錯誤、生徒たちの反応などの現場の話が分かる内容かと思ったが、そうではなく、これから小学校でプログラミングが義務化されるので、今から準備しましょう、という内容です。「小学校にプログラミングがやってくる」です。
様々なプログラム言語が軽く紹介されていますが、本当に概略なので、雰囲気がわかる程度に思います。
各国のプログラミング教育の章は知識が広ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/11 21:43

投稿元:ブクログ

04.11.2017 読了
プログラミングの概要、必要性、言語をざっくりと。最後に北欧の取り組みの様子を紹介して終了。

具体的な話は出てこないので、カリキュラム作りには参考にならない。超入門なので、おおまかに知りたい方は是非。

3 件中 1 件~ 3 件を表示