サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

ロッキング・オンの時代

ロッキング・オンの時代 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本

すべてが「ロック」していた時代の話

2017/07/04 23:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

雑誌『ロッキング・オン』(違うなあ、やっぱり"rockin' on"と書かないと雰囲気が出ない)と言えば、今や超メジャーな洋楽雑誌なのだろう。もっとも、洋楽そのものがマイナーと化してしまっているので、それを扱っている雑誌もかつてほど勢いがないのかもしれない。
それでも、おそらく私くらいの世代にとってはロックをメインとした洋楽をいろいろな意味で教えてくれた雑誌ではないだろうか。私も70年代後半には近所の本屋で探しまくって買い求めたし、80年代には毎月購入して隅から隅まで読んでいたものだ。
その『ロッキング・オン』の創刊時の製作側の人間がその当時のことを書いた本書は、かつての愛読者として読まずにはいられなかった。
言わずと知れたところではあるが、『ロッキング・オン』は渋谷陽一なくしてはこの世に現われなかったので、本書の著者・橘川幸夫は当事者ではあるものの少し距離があるところで行動していたのだろうとは思っていたけれど、これを読むとそのあたりがよくわかる。
それでもやはり、渋谷陽一のみでは作り上げることはできなかったのであり、そこに橘川幸夫、岩谷宏、松村雄策がいたから『ロッキング・オン』が陽の目を見たのであり、雑誌の特徴である読者が投稿者となり、雑誌作りに関わる人が増えたからこそメジャーな雑誌になったのだということが本書を読み進めていくとわかってくる。
結局、著者・橘川幸夫は雑誌が全国展開されてメジャーになっていくところで離れていき、自分の道を歩み出すわけで、そこに至るところも著されており、そういった意味では本書は著者の青春記とも言える(と言うより、本来はそうした意図で書かれたのではないかと思われる)。
そして、著者を始めとして渋谷陽一ら1970年代初頭に若者だった人たちにとって、ロックというものが単に音楽のジャンルであったというだけでなく、ある種の生き方として存在していたのだというのがわかる。本書にも、
「ロックは鑑賞したりなごませたりするものではなく、自分を圧倒させるものだ」(p.14)
「ロックとは、<さけび>でありそれ以外の事態では決してない」(p.202)
「ロックとは、アプリオリに与えられた日常に対しての脱出行動である」(p.230)
と、何度も書かれている。
橘川幸夫は後に雑誌『ポンプ』を創刊させたりして、メディアを通じての活動を続けていくことになり、そのあたりのことを本書では「ロックからのテイクオフ」という章を立てて書いているが、こうした行動も実は「ロック」していることに違いないように思える。
そうやって本書のタイトルを改めて見てみると、これは単に雑誌『ロッキング・オン』の創刊当時の話を書いたものというわけでなく、著者が一番「ロッキング・オン」していた時代の話ということなのではないかと思えてくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ロッキン・オン版『血風録』

2017/02/28 13:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ymzw - この投稿者のレビュー一覧を見る

ロッキン・オンを読み始めたのは80年代半ばだったと思うから70年代の創刊記の雰囲気は判らない。ただ一時期結構しっかり読んでいたので伝説的創刊メンバーの手記に興味あったが、「本の雑誌血風録」みたいなミニコミブームからメジャー誌となった記録といったような、一定の距離感保った平熱の文体で期待していた内幕物ではなかったけれど、ある種松村雄策さんの文体に通じる普遍性があって、作者の青春記としても読める爽やかな読後感だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

カリスマ的ロック雑誌はこうして生まれた!

2018/01/11 03:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シオ・コージ - この投稿者のレビュー一覧を見る

仲間うちで作り始めた雑誌が、経済的なピンチと隣り合わせで急成長していく姿を、創刊メンバーのひとりである著者が生々しく語っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/08/05 16:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/15 15:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/01 11:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/14 20:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/14 20:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/31 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/09 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

10 件中 1 件~ 10 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。