サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー58件

みんなの評価3.7

評価内訳

58 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

安倍政権の働き方改革に関係しそう

2017/01/08 02:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にしけん - この投稿者のレビュー一覧を見る

安倍政権の働き方改革を論ずる際に話題になる本だと思う。
人口増大を主因とするGDP成長を期待できなくなった今、生産性を上げ高い給料を払うことでGDPを上げる必要がある、と主張している。
巷に溢れるあやふやな議論にいちいちデータを挙げて反論しているので説得力がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本の将来の処方箋を示してくれる書です!

2018/11/19 09:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、長らく続く経済低迷の日本が今後、どのように立ち直っていくべきか、その処方箋について丁寧に解説された書です。日本にはまだまだ潜在能力があると著者は言います。ただ、それが活かされていないのだと著者は強調します。人口減少、高齢化社会を迎えた現在でも「昭和の常識」を維持して、そのやり方を換えない日本社会。将来、日本が立ち直るためには、昭和の常識を打ち破り、もてる潜在能力を十分に発揮していくことが絶対的に必要だと本書は説いてくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「生産性を上げるために」欠かせない一冊!

2017/02/02 12:48

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イチロー - この投稿者のレビュー一覧を見る

データを根拠に、これまでどうして日本は爆発的にGDPが上がったのか、などを緻密に分析。日本を愛する筆者だからこそ、厳しくも指摘する。生産性を上げるためには、まず経営者を改革スべきと語っています。重要なのはデータ分析。本を読み終えると、「さぁ、お仕事頑張ろう!」と思える一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

独自の観点から政策者・経営者への能率改善提案

2017/07/27 08:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:病身の孤独な読者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、アトキンソン氏の独自の観点から日本の生産性を向上する方法がわかりやすく書かれている。また、筆者自身がいままでの統計結果を「人口ひとりあたり」として計算しなおすことで日本の問題点を新たに浮き彫りにしている。
 経済学の常識として、人口の多さは生産性やGDPの増加につながる。そのため、「人口ひとりあたり」で割って計算しなおさないと、人口という変数が経済的指標を大きく動かしていることになる。特に、1億人という世界的にも人口が比較的多い日本では、実質的な生産性やGDPを把握するのに「人口ひとりあたり」で割った数値を見ないことには現状を把握できない。そのような警鐘をアトキンソン氏は鳴らしている。実際、「人口ひとりあたり」で割って計算しなおすと日本の世界的指標の順位はかなり低くなる。そのことを、示していることが本書を読む意義の一つである。
 さらに、アトキンソン氏は自身の調査や仕事の経験から、日本の生産性向上の具体的提案を行っている。著者が注目しているのは、政策側と経営者側の意識についてである。日本における公務員や政策者の仕事の効率や生産性の低さを指摘している。この指摘は、P・ドラッカー氏も同様にしている。なぜこれらの人の効率が悪いのかは本書を読んでいただくとよいと思われる。他方、労働者つまり雇用される側の状態を経営者側に改善するように主張する書籍は膨大にあるが、労働の効率的改善という点で経営者側へ改善提言している書籍は、あまり見かけない。この意味でも本書を読む価値はある。
 以上の二点において本書を一読する意義はあると考えられる。しかし、本書にも問題点はある。統計指標を「人口ひとりあたり」で割って考えるのはよいが、指標によっては計算の仕方を変えないと数学的に誤った統計結果が生じてしまう。本書は一般書でもあるので、詳細な計算方法等は記載されていないが、アトキンソン氏の計算結果を簡単に鵜呑みにすることはできない。そのため、その誤った計算結果から展開される論理や主張にも納得しかねる部分がいくつか生じてくる。
 問題点はあるものの、紹介するのに値する書籍であると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本病

2017/05/21 14:46

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KKキング - この投稿者のレビュー一覧を見る

あらゆる問題を抱える「日本病」に関して、外国人である著者がおせっかいにも色々と提言してくれる。しかし問題意識のない日本人はそもそも提言に耳を貸すことがないのであろう、残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生産性の向上が日本経済再生のカギ

2017/02/27 17:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Takeshita - この投稿者のレビュー一覧を見る

「失われた20年」と言われ久しいが、著者は日本経済再生のカギは生産性の向上にあるという。日本は先進国のなかでも人口が多く、この人口ボーナスが過去の高度成長の大きな要因であった。人口減少になった現在、安易な移民政策に頼るのではなく、生産性の向上が将来の日本経済再生の鍵だという。年功型賃金、労働時間の割に低い生産性、サービス業の過剰な人手等まだまだ改善の余地はある。日本の中小企業経営者でもある著者の実体験に基づいた貴重な提言。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

前作の方がよかったけれど

2017/01/15 18:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スーさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

観光立国論に続く著者の新作。日本のGDPが一人当たりでみると先進国の中でも相当低いという指摘は、よく理解できた。ただ、どうしたら所得倍増を実現することができるかという提案については前作の観光立国論と比較すると物足りなさを感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/06/21 08:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/11 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/30 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/01 10:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/07 01:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/01 00:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/09 14:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/04 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

58 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。