サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

薬屋のひとりごと 6

薬屋のひとりごと 6 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
17 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

やっと動き出した

2020/03/24 18:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃお - この投稿者のレビュー一覧を見る

じんし様と猫猫の関係が動き出しました。
結婚したいんでしょうけど皇弟の状態じゃ難しいではないかと思いつつ、お父さんの地位を考えると大丈夫なのかな?
くっつけー!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

表紙の2人を応援したい。

2020/02/16 17:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よみました。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつもは壬氏と猫猫の2人を応援するような気持ちで読んでいますが、6巻は表紙の2人も応援したい気持ちになりました。以下ネタバレあり。

馬閃は武術に優れていて、小さい頃から力が異常に強く、例えは誰かの手をギュッと握ったら手の骨を砕いてしまうほどのようです。その代わり、怪我をした時の治り方も異常に早い。痛みを感じない訳ではないでしょうし、決して不死身ではないのですが。
そんな馬閃が実行した最善の策。優しさに泣きました。
表紙の2人には幸せになってほしい。

壬氏と猫猫の関係は、シリーズの存続にも影響しそうなのでゆっくりじっくり生暖かい目で見守りたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

コミック

2019/04/12 04:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

コミックがなかなかでないので、小説読みました。主人公に求婚って、ありえないだろ-と思いながらも、おもしろくなってきた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

関係が進む?

2017/08/28 19:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

西都で起きた事件、都へ帰る途中の出来事、帰都してからのゴタゴタ、いくつかの事件を通して内外の問題が見えてきます。
今回、猫猫と壬氏は別行動することが多くて、関係が進んでいるようでほぼ変化なし。
壬氏が気の毒になってきた・・・。
登場人物が増えて来て読み始めて思い出すまでちょい難儀しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

良かったね 里樹妃

2017/07/23 21:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

不幸のドミノ状態だった里樹妃にやっと幸せが訪れたようで一安心。花嫁のエピソードで暗い気持ちになっていたので救われた気分。それにしても昏君だった先帝の時代が原因でどれだけの運命が捻じ曲がったのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もう一度第1巻から読みなおそ

2017/02/25 23:00

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:フィン - この投稿者のレビュー一覧を見る

待ちに待った第6巻。物語の展開はとても面白い。ただし、この物語は登場人物が多いので、一部、ピンとこない人達がいてちょっと閉口してしまいました。「この名前だれだっけ?」「こんな人いたっけ?」がたびたび。名前が中国系なので覚えにくいのかもしれません。時間かかるけど、また第一巻から読み直した方がいいのかなぁ。。と思ったりしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/02/12 10:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/08 10:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/24 18:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/13 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/16 08:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/27 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/19 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/07 12:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/10 16:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

17 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。