サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

名古屋駅西喫茶ユトリロ 1(ハルキ文庫)

名古屋駅西喫茶ユトリロ 1 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー23件

みんなの評価3.5

評価内訳

23 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

名古屋メシにちなんだ優しい謎解き

2018/07/30 21:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこすき旅人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

名古屋の名物をこれでもかというように登場させている謎解き物語です。喫茶店ユトリロに持ち込まれたちょっとほっこりするような謎を、頭脳明晰、美人、ドラゴンズファンの麻衣と祖父母が経営する喫茶店ユトリロが大好きだけど名古屋めしを全く知らない大学生の龍が、名古屋名物を食べながら、解いていきます。読んでいて名古屋の手羽先やカレーうどん、寿がきやラーメンを食べたくなりました。名古屋になじみのない人だけでなく、名古屋に住んでいる人も読んで、地元の料理を食べてみてほしくなる本です。
また謎解きの続編でるの楽しみにしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

名古屋めしが学べます(^^)

2018/05/07 13:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんごろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

緩いね~!リラックスさせてくれるね~!ほのぼのするね~!名古屋めしグルメツアーに行った気分になるね~!名古屋の県民性というものが、なんとなくわかる気分になるね~!これ読んだら名古屋にまた行きたくなるね~!名古屋という街、名古屋めしの愛情が詰まった作品でした。日常のミステリーというよりは謎解きという方がしっくりきますね。舞台の喫茶ユトリロで、常連さんと仲良くなって、モーニングを食べて、常連さん方とおしゃべりしたいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

我慢できずに“寿がきや”へ走った

2017/03/16 19:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンポポ旦那 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリ分野では割に好きな作家だが、「レンテンローズ」の様なホラー?ファンタジー?分野では、もう一つ世界観が共有出来ない部分があり、私にとっては当たりはずれの多い作家。「月読」シリーズ(2冊しかないが)は面白かったけれど。
そんな私にとって、本書のような“名古屋ご当地モノ”は大好物。「甘栗シリーズ」=これも2冊しかない=同様、地元ならではの話題満載で、名古屋エリア以外の読者には、謎解きも希薄で面白みに欠けるかも知れないが……。
明壁麻衣のキャラクター設定が魅力であり、ストーリー全体のカギを握る存在であるところが収穫といえば収穫。日常の謎にしても、やや無理な展開も目立つ。
しかし、まあファンとしては、読後速やかに、しかも数年ぶりに“寿がきや”へ走らされてしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本屋さんで強力に推されていたので試しに購入してみました。

2017/02/16 16:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mino - この投稿者のレビュー一覧を見る

名古屋大学に通っている東京出身の龍(とおる。ドラゴンズファンの父親が命名。)が主人公です。
彼は祖父母が経営するレトロな喫茶店ユトリロに下宿していますが、そこへ何故か常連たちがちょっとしたミステリを持ち込んでくるのです。
それが全て名古屋めしがらみというなんじゃそりゃなストーリー。

龍が大学の友達で名古屋人である駿に相談すると、名古屋めしのエキスパート、明壁(あすかべ)さんという美しい女性を紹介されます。

明壁さんに振りまわされながら毎度美味しい名古屋めしを食べてミステリを解決する龍たち。最後には喫茶ユトリロの由来にもなった壁の絵(ユトリロの贋作)にもミステリな展開が迫ります。

読んでいて「あそこだ!」とわかる名古屋の馴染みの街が舞台となって、メジャーな名古屋めしの「本当のところ」が語られます。
名古屋及び名古屋めしに興味がある人のみ読んでも良い本かと…苦笑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/07 17:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/17 13:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/07 11:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/15 07:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/08 12:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/29 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/22 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/17 13:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/10 12:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/18 23:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/17 13:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

23 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。