サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

在日マネー戦争(講談社+α文庫)

在日マネー戦争 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

在日コリアンによる金融機関をめぐる闘いの記録

2017/11/20 11:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:文学少年A - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は在日コリアンによる金融機関の設立・拡大・破綻・再編をめぐる闘いの記録である。なぜ、日本に在日コリアンの金融機関が必要だったのか。なぜ、在日コリアンの金融機関が次々と破綻していったのか。にもかかわらず、なぜ、在日コリアンはまた新しい金融機関をつくろうとするのか。
 民族金融機関は、民族学校とならんで、在日コリアンの歴史を考える上で重要なテーマであるが、その設立背景は、単なる愛国心やナショナリズムで説明できる代物ではない。そこには、日韓の狭間、さらに日本社会の底辺層に置かれてきた在日コリアンのどろどろとした政治的・経済的利害が潜んでいる。
 本書は、在日コリアンの金融機関という夢を実現しようとした三人の実業家に光をあてて、その葛藤の歴史の断面を描いたものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/09/13 22:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/11 13:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。