サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

空也の自立

2017/01/31 10:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:高山 - この投稿者のレビュー一覧を見る

16歳の空也は関前からの帰りに両親と別れ武者修行に旅立った。磐音シリーズが完結し息子の空也がどのように成長するか楽しみに読んでみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/13 09:46

投稿元:ブクログ

空也十番勝負青春篇~坂崎磐音とおこんの長男・16歳の空也は最初の武者修業として示現流を学ぶため,薩摩入りを望むが,国境は山ん者とか外城衆人と呼ばれる者が警戒している。それを教えてくれた人吉の百姓は別れた後,短矢で殺された。空也は遺品と遺髪を持って書き付けの示す家を訪ねる。ほとぼりの冷める三月後に骸を回収すると言われ,国境で外城衆人の目を引く修行を行い,探りを入れる。三月後,峠で遺骨を回収し,久留孫神社奥で薩摩入りの願掛け修行を行い,満願の日に白髪岳・石卒塔婆で敵を倒したが急流に身を投げ滝壺に消えた~空也って書けば良いものを若者って一一書いて煩わしい。上巻で死んじゃって「はい・お仕舞い」って訳はないんだから,最後に流れ着いた所を書けよ!!腹立つ。下は予約して届いていたのに取りに行けず取り上げられちゃった

2017/05/05 21:34

投稿元:ブクログ

新シリーズ第一弾
下巻を先に読んでいるので、ストリーが気にならない!
何か突拍子無く始まった感じ!
霧子から空也の死が告げられるのだが?

2017/01/15 00:59

投稿元:ブクログ

20170114 シリーズのスピンオフ。まだ始まったばかり、どう展開するのか楽しみ。今時点でもたくさんの伏線が用意されているので落ちが予想どおりなのか?とりあえず、下巻を、読むか。

2017/01/07 07:38

投稿元:ブクログ

磐音の息子空也の物語が始まる。16にして薩摩へ武者修行の旅に。だがあの磐音の子、簡単にはいきません。苦難の旅が、薩摩の国境を守護する一族との死闘が続きます。江戸の両親、関前の祖父母たちの心配する姿も。

2017/01/10 13:39

投稿元:ブクログ

そんなわけない!と思っていても、衝撃の始まり。

修業、出会い、死闘、家族。
佐伯先生ワールド健在なり。
取材に行かれた土地の風景をこの目で見たくなりました。

2017/04/14 17:40

投稿元:ブクログ

居眠り磐音シリーズ大好きで、佐伯泰英氏の本をむさぼり読んだ。やっと50巻をめどに完了と言いつつも51冊に、江戸の地図が、面白くて、東京で、ここら辺かな?と、思いながら散歩もしてきた。

次は、息子の空也が、16歳で、武者修行へ。
異国の地、薩摩ヘ。
それも他国者を受け入れない土地である。
何も、そんなに苦労しなくても、、、、と、親心が、つい、読みながら出てしまう子離れできないわが身は、ハラハラ、ドキドキ、、、、、
主人公は、死なないと、思って読むのだが、、、この迫力感。
試練の場所に、自分の身をなげうって迄、修行に洗練する心意気が、伝わってくる。
名を捨て、己を無言の境地に迄、真の武芸を秘匿するまで、、、
親も、子への思慕を感じながら、巣立っていくのを止めることは出来ない。
空也は、薩摩藩と国境の矢立峠で、老人とその子供姉弟を命を落とすことになった敵の外城衆徒(とじょうしゅうと)を倒すために、修行を積みつつ、薩摩への道のりを追い求める。
豊後の関前藩に居る霧子は、胸騒ぎで、薩摩方面へ向かうのだが、、、、、
やっと、そこで見たのは、毒矢に当たり、石卒塔婆の上に立つた空也が、冷たい滝つぼへ落下していく姿であった。

これから、どうなる、、、、、
冬の冷たさの滝つぼにはまってしまって、、、、、
磐根一家には、その悲報が、知らされた。

早く下巻を読まなくては、、、、

2017/01/14 07:55

投稿元:ブクログ

薩摩に入るために無言の行を行い、名無しとして書き続けられる。周りを巻き込みながら諦めない頑固さは、どちらの親に似たのだろう。

2017/05/07 09:04

投稿元:ブクログ

声無き蝉。蝉は人生の大半を地中で成長する迄耐え忍ぶ。地上に出て大きな声で鳴くまでに、その時間が必要。居眠り磐音の大きな魅力である、登場人物の耳障りの良い掛け合いが少なく、初めて読了迄に数ヶ月要した。

9 件中 1 件~ 9 件を表示