サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

声なき蟬 書き下ろし長編時代小説 下(双葉文庫)

声なき蟬 書き下ろし長編時代小説 下 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.9

評価内訳

15 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

声なき蝉下を読んで

2017/03/29 10:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:高山 - この投稿者のレビュー一覧を見る

上の書き出しでは空也は薩摩で死んだとの衝撃で始まった。薩摩国境での死闘の末、滝つぼに落下して以降の数奇な物語が進行する。薩摩藩江戸屋敷の御側御用人渋谷重兼と孫娘眉月に流木に引っかかっていたところを救出され、生きるのは絶望視されていたのも拘わらず、眉月の献身的な介護により命を長らえる。その後重兼の配慮で
薩摩内で野太刀流を学び、薩摩から脱出の際念願の薩摩示現流の剣士との真剣勝負に勝ち、剣術修行を続ける。空也の3回忌を準備していた江戸の磐音宛に重兼より薩摩での経緯や生きて脱出した旨の書状が届き、一同驚きの中で話が終わる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

声なき蝉が鳴く、そして、羽ばたく。

2017/06/23 16:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:平成の読書人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻で死んだと思われた空也が生きていた。いや、死の淵から蘇る。そして、声なき蝉として、剣術修行に励む。ドンドン成長していく空也の姿が見事に描き出される。そして、眉姫との間に心が通い合っていく姿が何とも微笑ましい。これからの空也の成長が非常に楽しみです。書店が減り、電子書籍が増える状況に、あとがきの「もはや『居眠り磐音江戸双紙』のような長大な物語りにはなりえない」という言葉の重みを感じても、今後の展開を期待してしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/18 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/14 22:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/22 10:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/17 09:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/21 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/17 10:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/12 16:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/07 07:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/10 13:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/20 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/16 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/23 07:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/04 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

15 件中 1 件~ 15 件を表示