サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

佐野洋子 あっちのヨーコこっちの洋子(コロナ・ブックス)

佐野洋子 あっちのヨーコこっちの洋子 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

まるごと一冊佐野洋子

2017/08/26 08:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵本作家佐野洋子さんが亡くなったのは2010年11月のことですから、もう7年の時が過ぎようとしています。
 それでもこうして佐野さんを語る本が出版される(2017年2月出版)のですから、佐野さんの人気は衰えていません。
 それは単に佐野さんの絵本の人気ということではなく、もちろん代表作である『100万回生きたねこ』は今でも人気です、エッセイに描かれるような人間佐野洋子の魅力だと思います。
 この本では江國香織さんとか山本容子さんとか著名な人も執筆していますが、そうではない普通の人たちが佐野洋子という人を介在にしてつながっているそんな人たちが、今さらのように佐野さんのことを語っています。

 佐野さんの絵本や、佐野さんの小さい頃のアルバムや乙女の頃のハニカミや絵画にのめりこんでいった作品や愛してやまなかった息子をお腹の中に抱えた頃の、つまりは妊娠中の写真なども紹介されているこの本で、やはり一番面白いのが、それぞれの人が語る「佐野洋子を一言でいうと…」だろう。
 元夫の谷川俊太郎さんは「一言でなんか言いたくない」としている。「言いたくない」と書いたのが詩人の感性だろうか。
 息子の広瀬弦さんは「“母”には向いていなかったと思います」と、さすが佐野さんの息子らしいコメントである。
 晩年佐野さんのドキュメント映画を撮った映画監督の小谷忠典さんは「風」。
 その映画に寄せた佐野さんのメッセージがいいなだな。
 「多分、この世界を愛するために生きていると思うのよね」。

 まるごと一冊佐野洋子である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/07/21 22:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/15 11:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/28 17:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/25 00:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。