サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

文庫解説ワンダーランド(岩波新書 新赤版)

文庫解説ワンダーランド みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー38件

みんなの評価3.9

評価内訳

38 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

斜め読みのブックガイド

2017/03/18 08:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

文庫本には「解説」がついているとずっと思ってきた。
 ところが、最近では「解説」のない文庫本も出回っている。文庫本に栞のひもがつかなくなったように。
 やはり、それはかなり損をした気分である。
 今はどうか知らないが、太宰の昔の文庫本には奥野健男の良質な太宰小論が「解説」としてついていたりして、それは読みごたえがあったものだ。
 それでも今は文春文庫の東海林さだおさんの「丸かじり」シリーズの文庫本「解説」が楽しみで読み続けている。(この新書にこの「解説」が解説されていないのが残念)

 そんな文庫本「解説」を解説したのがこの本である。
 書いたのは辛口批評の元祖ともいえる、斎藤美奈子さん。
 「もう一度いうけど、ふざけてる?」なんて、斎藤さん節が炸裂している。
 この作品は元々岩波書店のリトルマガジン「図書」に連載されていたもので、岩波文化とまでいわれた社風に、よくぞここまで書いたものだと感心するのは昭和の人間ばかりかもしれない。
 今の時代これぐらい書かないと。

 それではこの新書でどんな作品、文庫本がやり玉にあがってるかというと、夏目漱石太宰治川端康成なんかは定番中の定番。
サガンとかチャンドラーとか外国文学の「解説」を集めた「異文化よ、こんにちは」は読みごたえ十分。
 村上龍や渡辺淳一の「解説」まであるのは、りっぱというか、このワンダーランドの広がりを痛感する。(だったら、東海林さんも書いて欲しかった)

 この新書、よくよく読めば、斜め読みのブックガイドでもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やっぱり斎藤美奈子はおもしろい

2019/04/14 21:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

往年の皮肉は若干穏やかになり、キレは少し鈍くなったような感じですが、それでもやっぱり斎藤さんの批評はおもしろいです。そして、斎藤さんの本が岩波新書率高いというのが、結構時代を感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

侮るな、解説

2019/02/04 11:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くろくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

解説といえば、学校の宿題の読書感想文を思い出します。わたしにとっていい解説とは、感想文に盗用、いえ引用しやすい、程よくあらすじがあり、鑑賞ポイントや解釈が施されたものでした。

っていうのは、いわゆる「自分語り」ってやつですね。
「自分語り」からはいっていくのは、著者いわく、翻訳小説の訳者(は、「あとがき」を書くことがほとんどで、解説者の役割も担う)の解説(あとがき)に多いパターンというもの。たしかに。

本書は、文庫の「解説」ばかりを集め、分析、批評(解説)してみようというものです。その発想になるほどと思うも、今まで思いつきもしませんでした。
解説もひとつの作品です。
そこから図らずも、解説者の立ち位置や作者との関係性、作品との向き合い方が露呈してしまうのです。舐めてかかると時代に復讐されることもあるのです。

読むほうも舐めてかかってはいけませんね。解説の読み方が変わる1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

解説も立派な読物

2018/05/31 02:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒトコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

文庫本はあとがきやら解説があるのでお得感がある。
私もそれを結構楽しみにしていてたが、
本編ではなくそれらだけに注目して批評するという視点が面白く、しかも痛烈。
著名な作家たちの解説も結構トンチンカンだったりするのだ。
文庫解説を読むのが今まで以上に楽しみになった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

相変わらずパワフル

2017/05/31 00:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Chocolat - この投稿者のレビュー一覧を見る

彼女の読書に対する、粘着質とも言えそうな情熱に触れると、自分も元気になれる気がする
作品に対して、バッサバッサと切り捨てるいつもの語り口も面白いけれど、今回は、ちょっと昔の作品も含め、文庫本の解説を解体するという切り口で、あの人がこんなところに書いていたのか!などという驚きや、様々な面白解説が紹介され、クスクス笑い、時々爆笑で堪能
今までも解説は読んでいたけれど、これからは、もっと粘着視点で楽しみたい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ナベジュンェ

2019/01/29 13:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ROVA - この投稿者のレビュー一覧を見る

池澤夏樹『知の仕事術』で紹介されており、気になって読んでみた一冊。
日頃文庫解説を読んでいて「この解説何か・・・何か・・・」と思うことは
確かに度々あるので、よくぞこんな本を出してくれた!という感じです。
とはいえ賛否に関しては著者である斎藤さんの好みに偏っていますので
「私はこっちの解説の方が好きだけどなあ」なんてこともあるが、それはそれで面白い。
とりあえずミステリ小説の解説はやっぱり面白いよね!てのと
教えてgooすげえってのと、ナベジュンぶっ飛ばしたいなってくらいですかね。
つーかこれ新書じゃん、なんて言わないよ?(笑)
ここに更に誰かの解説が付いたら最高に面白いのにとか思ったり思わなかったり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/10/18 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/27 12:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/02 17:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/08 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/13 06:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/29 08:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/12 12:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/10 16:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/19 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

38 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。