サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

生命の内と外(新潮選書)

生命の内と外 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

質の良い講義のよう。

2017/04/30 17:38

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

長い年月研究をしてきたしっかりと独自の味に醗酵させた考え方はとても深い味がある。本書を読んでいて、大学在学時、定年も近い教授の講義を思い出した。突然「動物は○、植物は☆」のようなところから始まって驚いたのだ。最初は驚いたが、今でも記憶しているというのはそれだけ深いということだろう。本書にもそれに似た驚きを感じた。

生きものをどんな風に捉えるか。著者は「区切られている」というところから切り込み、「区切られた中と外」や「区切るもの=膜」を考察していく。

歴史的な発見の経緯や考え方の歴史、最新の分子動態の知見など幅広い内容をさりげなく取り入れながらも、ちょっとした「質の良い教科書」の感じもする。いや、良く練れた生物学講義か。練りすぎて少し横道にはずれたように感じられるところもあったが、喩えなどはなかなか良くわかるものもある。
最後のプリオンの話などはまだ未解決の部分がたくさんあるもの。今後の研究を目指す人たちに是非解いてもらいたいものでもある。

人体のようなものは消化管の中などは「外」とも考えられる。それだけではなく細胞の中にまで「外」は入り組んでいる。「個体」という単位も突き詰めると境界はなかなか不明確なものであることなど、なかなか哲学的な気持ちにもさせる生物学の本であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/05/07 08:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/05 20:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。