サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

hontoレビュー

かがみの孤城

かがみの孤城 みんなのレビュー

第15回本屋大賞 受賞作品

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー477件

みんなの評価4.5

評価内訳

高い評価の役に立ったレビュー

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2017/12/13 16:07

恩人

投稿者:かぐや - この投稿者のレビュー一覧を見る

ああ、また救われてしまった。
辻村さんは、この本の子供たちだけでなく読者までをも助ける力を持っているんだな、と。
まさに心が震える小説でした。

私はいじめにはあっていませんでしたが、体調不良をなかなか理解してもらえない時期があったので、気づいたらその時を重ねて読んでいました。当時の自分を迎えにきてくれた、と本当に本当に救われたと思います。
辻村さんにはたくさん助けられたので、心から"恩人"だと、そう思います。

最後の勢いがすごかったです。からだじゅうがビリビリしました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

低い評価の役に立ったレビュー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2017/07/21 12:45

伝えたい

投稿者:ねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほんとうに、しんどい時って、「助けて」といえない。

普段、なんとはなしに過ごしてる人だって、本当はいろいろ抱えていて、見えてる姿が全てじゃない。

思ってることなんて、目に見えるわけじゃない。
でも言葉にしなければ、相手に伝わらない。

しんどくて、しんどくて、立っていられないとき。

「誰か」が、自分のことを見てくれてるなら。それに気づくことができたなら。

人はまた、前に進めるんじゃないかと思わせてくれる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

477 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

名作!

2018/01/21 23:37

12人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「言えない。だけど助けてほしい・・生きにくさを感じるすべての人に贈る辻村深月の最新刊。涙が止まらない、感動溢れる一冊です!」と商品紹介にあるように、きめ細やかな愛情をもって描かれたこの小説には癒しと勇気づける力が溢れています。

主人公・こころおよび主要人物たちが中学生なので、最初は感情移入がどれほどできるかちょっと疑問だったのですが、あっという間にストーリーに引き込まれました。
この不思議な城は何なのか、なぜこの7人が選ばれたのか、本当に鍵があって願い事が叶うのか。という謎解きの枠組みの中で、7人それぞれの事情が徐々に明かされて行きます。

たとえば、こころが「心の教室」とかいう不登校の子供たちのためのスクールに通い、そこの仲間たちとだんだん親しくなって、また理解のあるスクールの先生に癒され、母親の理解と援護を得ながら立ち直っていくという筋書きでも十分ドラマは成立すると思うのですが、それはリアルである一方、もしかしたら平凡で味気なかったかもしれません。けれど、こころはそのスクールにすら足がすくんで行けなかったのです。

そこに「鏡の城」というファンタジーの異空間を最後の逃げ場のように出現させ、そこに集められたの子たちの意外な繋がりが(最後に)明かされる仕掛けが加えられることで、こころの成長物語にぐっと面白味が増しているように思います。

その構成力の秀逸さもさることながら、言葉の通じない同級生や無理解な担任の先生等から受けるこころの衝撃や恐怖や憤懣がきめ細やかな愛情をもって描写されているところも素晴らしいです。是非とも「生きにくい」と感じている人ばかりでなく、10代の子供を持つ親御さんたちや学校の先生や学校教育にかかわるすべての大人たちに読んでもらいたい一冊ですね。そのメッセージが果たして通じるのか、やっぱりかなり疑問ではあるのですが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恩人

2017/12/13 16:07

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かぐや - この投稿者のレビュー一覧を見る

ああ、また救われてしまった。
辻村さんは、この本の子供たちだけでなく読者までをも助ける力を持っているんだな、と。
まさに心が震える小説でした。

私はいじめにはあっていませんでしたが、体調不良をなかなか理解してもらえない時期があったので、気づいたらその時を重ねて読んでいました。当時の自分を迎えにきてくれた、と本当に本当に救われたと思います。
辻村さんにはたくさん助けられたので、心から"恩人"だと、そう思います。

最後の勢いがすごかったです。からだじゅうがビリビリしました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

心震えた

2017/07/05 08:09

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちょびっと - この投稿者のレビュー一覧を見る

本当に久しぶりに本の世界に入り込む時間でした。一人一人の子どもたちの抱えている痛みが、心に迫って来て、途中、読むのが苦しい時もありました。
子どもたちを見つめる辻村深水さんのまなざしが何てあたたかいんだろうと救われる思いで読み終えました。
久しぶりに心をガシッと掴まれ、ワシワシと揺さぶられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「この本が皆さんの鏡になって欲しい」 2018年本屋大賞『かがみの孤城』 著者・辻村深月さんが込めた想い

2018/05/08 22:02

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

不登校やいじめといった言葉を意識的に使わず、少年少女の内面を描き出した改心の一作。子どもの頃、かがみは光らなかったけど、ぼくの傍らにもいつも本があった。本の世界にいつも助けられたのを思い出した。この物語を必要としている誰かに、どうか届きますように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

今年一番面白かったです!

2017/11/20 15:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しばいぬ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初は主人公が中学生ということもあり、感情移入できないかなと思いましたが、読み始めたら一気に読んでしまいました。
少女がどんどん成長していく様子がとても頼もしく思え夢中で読みました!
お気に入りの小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

成長すること

2018/09/17 11:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あだじぇっと - この投稿者のレビュー一覧を見る

"嫌なことは嫌っていうんだよ。
それが言えないときは、みんながびっくりするくらい大きな声で泣くんだよ "
私の子たちは、幼い頃にそんなふうに教わった。

”思春期のこどもは、親の言うことや、ましてや教師のいうことなどきかない。 友達が強く影響を与える"
本人たちはそんなことをわかりはしまいが、彼らに手をやく身には拠りどころになる言葉。。

かがみの狐城
主人公の こころ は、中学に進学してすぐに、 クラスメイトから激しいいじめと脅迫行為を受け、学校に行かれなくなってしまう。
親しくなりかけた子も味方してくれず、何が起こったのか理解してもらえないのではないか....という躊躇いが大きく、親にも言えない。
そんなとき、部屋の姿見が虹色に輝く。。。

ミステリー&ファンタジー仕立ての いじめをテーマにした話か?と思ったが、それだけではない。
行きたくないわけじゃないのに学校に行けなくなる子たち。
それぞれの事情は異なるが、 ふしぎな城に招かれた7人は、願いを叶える鍵があること、1人しかそれを使えないこと、願いが叶えられた時点で全ての記憶はなくなること、叶えられなければ記憶は残ることを言い渡される。

思いがけず人生につまづいてしまった その事情の解決が主題ではなく、本人たちがジタバタして出口を探していく、そういう話なのだ。
自分の不快のでどころがハッキリしないハッキリさせたくない10代のもやもやした時期。
そこを通り抜ける 周りにはみえない時間が描かれている。

他人に対して恐怖感をもつ こころ が、次第に城の仲間と連帯感を持っていく。
嫌だと意思表示することも、本当のことを話して助けを求めるのも大事な力。
じわじわとそういう力をつけていく。
”こころ”の成長。

軽やかで読みやすくふんわりした感触を残しながら同時に濃い充実感も備える。
教育学を学び、SFが好きな辻村さんらしい作品。

2018年本屋大賞受賞作
久しぶりにブッチぎりでトップの作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

続編が読みたくなりました

2018/06/09 16:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:フィガロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

中学1年生の女の子が主人公で中1から中3までの不登校の子どもたちの物語です。最初は本屋大賞を取った作品だから読もうという感じで読み始めましたが、なかなかすぐには自分が知りたいことが書かれず物語は始まりましたが動き出すのは終盤です。冒頭のステキな人気者の転校生をみんなが知る前から自分だけは友達だという切ない願いや7人の不登校の子どもたちのことや終盤で打ち上げ花火がバンバン上がっていくような伏線の回収が面白くて真田さんのことやリオン君との中学2年になってからの展開が読みたくて続編が読みたいなぁと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この本に出逢えた幸せ!

2018/05/25 18:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:taku - この投稿者のレビュー一覧を見る

新刊が発売された当初に購入しました。
辻村先生の初めての作品でした。
とても感動しました!語彙力が足りなくてすみません。
最終章からエピローグにかけて、この本が光り輝いて見えました!この本に出逢えて本当に幸せです!
本屋大賞本当におめでとうございます!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本屋大賞

2018/05/05 21:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつのしんすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2018年本屋大賞に、ダントツで選ばれた理由がわかりました。

独特な世界観。普段、本を読む時間は取らないのですが、休日だった事もあり、時間を忘れ一気に読破しました。

また、一気に読むのには、少し長編すぎて、目、首筋、肩と疲れが半端ないですが、読む価値があると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

つながり

2018/05/04 17:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後に全てがつながり、温かな気持ちになりました。運命の不思議さと、出会いの必然性も感じました。学校へ行けない子の気持ち、気持ちを伝えられないもどかしさ、ことばの大切さも考えました。とても素敵なお話でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心を映す

2017/10/17 05:17

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

様々な理由で外の世界に出ていけない子どもたちの心が印象深かったです。架空の世界の冒険を通して、現実の世界へと連れていくところが良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後、「よかった」で終われる

2018/05/20 21:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:★ほし★ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後、ぜーんぶがつながって、「あ~、良かった」って思える小説でした。
3分の2くらいがなかなか前に進まなくて、主人公たちも打ち解けなくて、もやもやしますが、最後まで読んだら、「あ、そういうことだったんだ」と思えます。読み終わってもう一度読み返しました。エピローグを読んで、うるっときてしまいました。こころも最後、良かったねと思いました。現実はこんな風にはいかないかもしれないけど、小説だから、私は希望が持てていいと思いました。映像化してくれたら、また見てみたいなと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

頑張って、大人になって

2018/04/26 23:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

苦しくて、情けなくて投げ出したいけど、もがく自分。そこに、「戦ってる」「助け合える」って認めてくれる人が現れて…

なんて

たとえば、そんな夢を見るときがある

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いじめの種類の展覧会

2017/06/26 15:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

様々な心の闇を抱えた中学生たちの現実逃避行からの脱出。パラレルワールドというどこかで聞いたことがあるようなストーリーの基幹が入っていない?「冷たい校舎の時は止まる」の続編?と思いつつも、読後感は、深月様、面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

よく考えられているなあ!と感心してしまった

2018/06/22 16:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まもり - この投稿者のレビュー一覧を見る

人気の作家さんだなと思いつつ、昔読んだノベルズが普通だったのでずっと手に取らずにいましたが、お友達がこの本をとても褒めてらしたので久し振りに読んでみることに。

このような設定の物語は正直ちょっと苦手なので最初すごく時間がかかってしまって読み切れるか不安になったりしつつも、後半は本当に一気でした。よく練られてあるなあ!と唸ります。読ませる力がすごい。自分の予想が当たっていたり外れていたり、とてもハラハラしながら楽しんで読みました。娘が高学年になったら読んでもらいかも。でも長いので彼女に読み切れるかな^^;

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

477 件中 1 件~ 15 件を表示