サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

hontoレビュー

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

美しい義母と兄嫁と…(マドンナメイト)

美しい義母と兄嫁と… みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

義母を本命に対抗の兄嫁と大穴の若妻が絡むオーソドックスな激甘テイスト

2017/02/15 22:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作よりデビューだが、マドンナメイト文庫ではかつて「浅見馨」という筆名で凌辱作品を中心とした作者がいたので、同じ「馨」名義として今後の活躍に期待したいところである。ただし、こちらは甘い誘惑路線を基調としており、本作では致し方ない理由によって義母と、そして後には兄嫁とも関係を結んだ主人公が最終的にはコンチクショーなほどハッピーな状況に置かれる作品に仕上がっている。

新婚の若妻【美菜】22歳
不動産仲介会社に勤務する主人公と同年の美菜は過去の苦い体験からセックスが苦手。また、初夜の際に主人公がチェリーだったことも判明する。これらによって夜の営みは月に1度限りの子づくりオンリーとする約束が夫婦間で決められ、それを不憫に思った義母や兄嫁が後に関係を持つきっかけになっていく。美菜の知らぬ間に繰り返される秘密の情事が本作のメインだが、この夫婦の愛情は最後まで変わることなく、むしろより深まっている。主人公には多少の天罰が下っても良い気がする幕の引き方ではあるし、合間には夫婦の描写も挟み込まれ、つまりは相応に経験を重ねていく2人が描かれるので美菜の意識も変化して決め事が解禁されて(濃いぃ官能場面があって)も良い気もするのだが、どうやら夫婦の精神的な愛情の深まりを結末の余韻としたようである。

美麗な義母【紗枝】43歳
婿入りしている主人公とは二世帯住宅で同居する義母にして未亡人。落ち着きと節度のある良母ながらグラマラスなボディと若々しさに主人公は魅了され、悩殺される。美菜が不在の夜に風呂場で紗枝を想って自慰に耽る主人公を知って戸惑うも夫婦の決め事に同情して一夜限りの情を結ぶに至る。しかし、目覚めてしまったオンナを持て余すようになり、同様に相変わらず悶々としている主人公とは思惑が一致して娘(美菜)への後ろめたさを覚えながらも次第に溺れていく。プロローグとエピローグを除く5章立ての第三章以外は全てに登場する事実上のメインヒロインと言える。

魅惑の兄嫁【真理子】27歳
主人公の実兄の妻で結婚4年目だが早くも夜の営みに不満を抱いており、中古の不動産物件を主人公に探してもらいつつ内覧の現場で交わったりしている。やや勝気なお姉さん風情が魅力で、紗枝と同じく主人公を憐憫含みに同情しながら自らの状況を重ねて誘惑に及ぶ流れとなっている。また、主人公との関係を紗枝に知られた第五章では毅然と振る舞うことで劣勢を挽回。立場は同じとして主人公の共有を提案するに至る。これによって主人公夫婦の「表の関係」に主人公+紗枝&真理子の「裏の関係」が加わることとなり、互いを牽制し、挑発し合う3Pの官能クライマックスが訪れている。

「お義母さん」や「お義姉さん」といった呼び掛けを多用して主人公との関係が背徳であることを炙り出しつつ、許されない間柄となっても肉欲には逆らえない業の深さをシリアスに陥ることなく描いた作品でもあろう。熟女や年上といった余裕を見せつつ主人公の責めには思わず喘ぎ、悶えてしまういやらしさがあり、身内への慈愛と昂る欲求への渇望が綯い交ぜになった官能描写は総じて良好と言える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示