サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

定年後の新人にエールを

2017/06/16 07:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第8回日経小説大賞受賞作。
 実は作品よりも作者の太田俊明氏の経歴に興味を持って読んでみようかと思った。
 東京大学在籍当時野球部の遊撃手として東京六大学野球で活躍したとか、卒業後総合商社やテレビ局といったさすが東京大学出身と思わせる華やかな職歴に興味を持ったのではない。
 太田氏は60歳の定年とともに会社を辞めて小説を書き始めたのだ。
 しかも日経小説大賞に的を絞って、1年に1作のペースで65歳までチャレンジすると決めていたという。
 前年の第7回では最終候補に残るも受賞に至らず、この第8回で見事受賞となった。
 太田氏、63歳である。

 受賞式のスピーチで太田氏は「定年後の新人にエール送れれば」と語ったそうだが、この作品の主人公西澤亮輔は大手家電 メーカーに勤める59歳。まもなく60歳の定年を迎えるが雇用延長制度を活用して定年後も働くつもりだった。
 ところが認知症の症状が出て、早期退職を余儀なくされる。
 絶望の末、死に場所を見つけるつもりで甲府の山奥の施設に入居することになる。
 そこにはシニア世代の人たちがまるで眠っているかのようにうずくまっていた。
 けれど亮輔はそこでダム建設に反対する桝山太一と偶然に知り合い、その人柄に魅かれ、太一ととも新しい村づくりにのめり込んでいく。

 死に場所を探していた男が次第に生きていく力を回復していく。
 亮輔のそんな姿を見ていくと「定年後」の過ごし方の一つのヒントになるだろう。
 いや、作者の太田氏の生き方こそ、ひとつの指針である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/16 03:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/02 15:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/29 01:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/18 07:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。