サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

悩み多いが誰にどう相談したらよいか解らないこと

2017/07/12 09:30

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分の体のことなのに、誰にどのように相談を持ち掛けたらよいか解らないことが、赤裸々に綴られ、そして説明されいてく。年齢を重ねたら当然更年期、閉経と女性器は劣化していくものと諦めていたが、それは自分の体全体が劣化していくのだと気付かされる。どこまで実践できるかはこれからだが、いくつかは試してみようと思う。少しでも自分が女性である人生を充実させる為にも、有効な本だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女性必読

2017/04/26 15:37

12人中、12人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ももたろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

女性として生まれてきたからには、
やはり、死ぬまで女性でありたい。
それは性的な意味だけでなく、全身に、そして精神状態も女性であることを意味する。
なぜか、日本では、女性が女性としての魅力を存分に発揮することが遠慮されている。
しかし、全ての穴を優しくケアすることは、とても大切なことで、高齢者になってから排泄機能が衰えないでいる助けにもなる。
女性必読の書だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

至急 電子化希望

2017/08/23 02:19

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ladybird - この投稿者のレビュー一覧を見る

各メディアでも紹介されているのを読み、興味を持ちました。最近やたらと花盛りの性関連の本は、性体験豊富な著者が書いたエロ本、煽り文句だけの内容が薄い本が多いと思います。この本の書評や紹介記事を読みましたが、真摯な印象を受けました。ぜひ読んでみたいです。
 今は紙の本が品薄のようですし、タイトルからして書店では買い難いし、他人の目にも触れる本棚に並べるのもちょっと抵抗感があるので、ぜひ至急、電子化してほしいです。電子化の要望を出版社に送ろうとしましたが、径書房のホームページにはメールアドレスがなかったので、こちらに書きました。出版社の方が読んで下さいますように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世界に比べて

2017/05/06 04:25

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本の女性たちの意識が遅れているのかもしれない。タブー視を作らずに、幅広く議論することも考えさせられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

両性が知っておくべきこと

2018/05/07 16:14

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:flowerofzabon - この投稿者のレビュー一覧を見る

女性当事者でもなく、医療従事者でもない多くの男性にとっては、性的な関係をもつ時のみ関わりあう女性の器官が本書のトピックである。よって知らないことばかりで目から鱗の内容となっている。

本書はいわば「膣から考える女性の身体、より健康に生きるには」といった内容なので、具体的な内容のいくつかにはパートナーである男性が直接かかわることができるし、また浴室などを共用している関係で協力することもできる。

ということで自分で手に取りにくい本ではあるが、何か機会を作って読んでおくといいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

タイトル

2017/06/24 03:26

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルが衝撃的で興味を惹かれました。
読んでみると、いたってまじめな内容でとても勉強になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/02/08 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/05 13:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/21 22:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/29 07:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/25 19:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

11 件中 1 件~ 11 件を表示