サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

盗賊

盗賊 みんなのレビュー

  • 三島 由紀夫 (著)
  • 税込価格:4734pt
  • 出版社:新潮社
  • 発行年月:195404
  • 発送可能日:1~3日

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー28件

みんなの評価3.4

評価内訳

28 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

盗賊

2002/07/17 14:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MMM - この投稿者のレビュー一覧を見る

 真剣な恋というものは何もすることのない人間の特権なんだ オスカァ ワイルド
 
 極端に自分の感情を秘密にしたがる性格の持主は、一見どこまでも傷つかぬ第三者として身を全うすることができかとみえる。ところがこういう人物の心の中にこそ、現代の奇譚と神秘が住み、思いがけない古風な悲劇へとそれらが彼を連れ込むのである。彼の固く閉ざされた心の暗室は、古い物語にある古城や土牢の役割をつとめる。彼と他人との間の心の溝は、古えの冒険者が泳ぎわたった暗い危険な堀割ともなるであろう。
 
 これは小説の冒頭である。これだけを引用しただけで、作品の香りというものが伝わってくるのではないだろうか。三島はおそらくこの小説でロマン主義的な古典的作品の日本においての完成を試みたのだろう。筋にしてもヨーロッパの小説の影響を受けているものと思われるし、文章にしてもそうだ。だが、日本語で読んでも何の違和感がないというのはさすが三島。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/27 06:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/19 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/09 13:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/23 10:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/28 05:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/16 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/11 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/25 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/03 19:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/24 02:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/23 02:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/28 00:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/31 15:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/27 22:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

28 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。