サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

青年のための読書クラブ(新潮文庫)

青年のための読書クラブ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.7

評価内訳

11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

残酷で美しい、閉ざされた聖地の記録

2017/06/27 09:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょうちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「会報誌」にまとめられた、読書クラブという閉鎖的な空間の中で起きた事件をつづったもの…というスタンスなので、小説とはちょっと違った雰囲気です。
文体も「ストーリー重視」ではなく、「報告(まとめ)重視」な書き方なので、最初は少し戸惑うかもしれません。
物語としては面白いけれど、そこで「とっつきにくい」と感じる人もいそうな気がします。

そして、登場人物の言い回しが独特。一人称を「ぼく」という人が多く、相手のことを「きみ」と呼ぶ人も多い。
「ねえ、君。〇〇なんていいと思うかい?」と、どことなく宝塚の男性口調。これは、きっと男性の読者からすると違和感を感じ、そこで退いちゃう人も多いかなと…。
ただ、最終章で生徒会長らが「男性は来なくてもいい」と拒絶しているので、これは本当に女子向けの物語なんだなと割り切ってしまいました。

それにしても、女子高…怖いなぁ…。
偽王子が去っていくときの生徒全員の大合唱…。露骨な階級社会…。力が衰えたものに対する蔑み…。汚らわしいものを無視しようとする姿…。
美しいながらも、心が“ファントム”な人が多いこと、多いこと…。
一方のシスターたちは、そんな少女たちにほとんど何もできず、ほとんど空気同然…。
あれだけ露骨な蔑みや誹謗中傷があっても表面化しない、閉鎖された女子高って恐ろしすぎます…。

個人的には2章がお気に入りかな。
最終章は懐かしのメンバーが出てきて、感動も入り混じると同時に、あの1章の少女たちがこんなに歳を取ってしまったのかという寂しさも感じて、なんともいいようのない不思議な気持ちになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

まぁまぁかな?

2017/06/04 13:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nano - この投稿者のレビュー一覧を見る

学校の読書クラブの歴史の物語というような感じだった。どこかしらで繋がっていて、全て読み終えるとなるほどと思える部分が何箇所かあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/08/18 10:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/02 11:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/16 08:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/31 02:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/20 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/04 13:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/16 06:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/14 16:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/25 23:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

11 件中 1 件~ 11 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。