サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

運転、見合わせ中(実業之日本社文庫)

運転、見合わせ中 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

友人に欲しくはないけれど、愛おしさがある

2017/08/22 20:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンポポ旦那 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「感情8号線」と同様に、登場人物の大半は、余りお付き合いしたくない類の若者たちだが、何処か憎めないところのある、“妙に愛しき隣人たち”でもある。
通勤時間帯の電車が止まる事態に、様々な人間模様を絡ませて描く力は、この著者独特の持ち味と思う。それぞれの生き方、思惑を細かなエピソードを交えて綴られる各編は、テンポの良い会話や独白と相まって、最後の章まで飽きさせない。
登場人物の中で感情移入出来たのは“フリーター”と“駅員”くらいだが、特筆すべきはフリーターのトイレの場面。ここの表現は筒井康隆のスラップスティックを思わせもするし、吉田聡の「湘南爆走族」の一編にあった「ツッタカター」の場面をも思い出させてくれた。まさに“畑野智美、恐るべし”と感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

人生という名のプラットホーム

2020/03/21 13:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

偶然にも通勤ラッシュの駅で鉢合わせした、6人の男女の行く末に引き込まれていきます。それぞれが抱えている悩みや試練を乗り越えて、小さな一歩を踏み出していく姿が清々しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/04/13 17:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/05 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/01 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/09 22:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/25 20:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/25 15:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/12 20:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

9 件中 1 件~ 9 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。