サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

○○○○○○○○殺人事件(講談社文庫)

○○○○○○○○殺人事件 みんなのレビュー

文庫 第50回メフィスト賞 受賞作品

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー43件

みんなの評価3.5

評価内訳

43 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

これが

2019/10/06 17:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おどおどさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

上木らいちシリーズの第一弾なのかな?インパクト大の題名で、別々に惹かれてしまって(エロミスの小説もw)結局同じ作者、同じシリーズだったことが、このシリーズにすっかりハマッている証拠かも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文庫で再読

2017/07/13 15:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:RASCAL - この投稿者のレビュー一覧を見る

今般、早坂吝さんのデビュー作にして、面白ければ何でもありの第50回メフィスト賞受賞作の本作が文庫本になったので、早速購入した。講談社ノベルス版と比較し、かなり手が加えられたようで、全体的にすっきりした感じ。

15年の本格ミステリ6位作品、ホワイダニット、殺人動機や、その犯罪を取り巻く社会的背景、犯人や探偵役の心理描写よりも、ひたすらにフーダニット、犯人捜しや、ハウダニット、密室やアリバイ等のトリックを重視し、読者に謎解きの挑戦状を叩きつけるのが本格ミステリだとすれば、本作は紛れもなく本格ミステリなのだろう。
私は、ミステリ好きではあるが、本格ミステリ信者ではない。しかも、再読だからトリックも犯人も分かっている、にもかかわらず、それでも十分楽しめた。本作は、本格ミステリであるとともに、馬鹿馬鹿しくも面白いエンターテインメントである。

作者の上木らいちシリーズはエロ楽しくて、これ以降「虹の歯ブラシ」「誰も僕を裁けない」「双蛇密室」と全部読んでいる。でも、残念ながら、このデビュー作を超えると思われるものは出ていない。
シリーズ第5作に期待したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

優れたアイデア

2018/09/21 02:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クレメル鯰 - この投稿者のレビュー一覧を見る

期待を大きく上回ってきた作品でした。中々出会うことができない、本格ミステリ度合いの高い作品。
メインアイデアが優れているのはもちろんですが、それをきちんと本格ミステリに寄与する仕掛けとして作り上げているのに脱帽です。
そして、見せ方も工夫されていてよく考えられていると思います。
意外性のあるどんでん返しの作品は数あれど、本当に予想外の部分から真相を持ってくる作品は中々ないものです。
パッと思い付く限りでは、この作品と麻耶雄嵩さんの「こうもり」ですね。
アイデアが故に好みが分かれそうではありますが、本格ミステリが好きならば読んで損はないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

斬新

2020/01/30 15:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すねよし - この投稿者のレビュー一覧を見る

題名当てとしてメフィスト賞をとったことで有名。
結果として題名当てには失敗してしまったが無理もなかった。
真相がわかったときにはやられたとなってしまい、最終的には笑ってしまったくらいだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

バカミス好き必読

2019/07/27 02:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yo - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み終えるまでにタイトルを当てる、という趣向のミステリー(表紙の絵も少しヒントになってます)。いわゆる「バカミス」ですが、個人的には、本格とかよりもこれくらいの馬鹿らしさがあるミステリーのほうが楽しめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

引っかかる

2018/01/20 20:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまぜみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ところが、最後に
小説ならでは楽しみ方ができました。
人には勧めにくいですね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

“南国モード”

2018/09/18 07:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

早坂吝(はやさか やぶさか)さんの小説、初めて読みました。

この個性的なタイトル。八つの丸の中に何が入るか?タイトル当てが一つのテーマとなっています。
内容は絶海の孤島での殺人事件。軽く読めますが、ミステリー小説としては「う~む」という感じ。あまりオススメしません。
他のレビューを見ると結構評価が高いのですが、私は全然この世界にはついていけない……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/10/29 12:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/23 14:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/27 11:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/15 01:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/21 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/07 13:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/25 12:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/13 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

43 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。