サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

hontoレビュー

アキラとあきら(徳間文庫)

アキラとあきら みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー190件

みんなの評価4.3

評価内訳

178 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

アキラとあきら

2017/06/08 17:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kiyochan - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりの池井戸先生の本を読みました。半沢直樹シリーズ以来の面白さでした。昨年出版された「陸王」はいまいちだったので次の出版を待っておりましたが、期待通り面白い内容です。銀行を核とした経済小説が一番面白い。過去と現在の人のつながりが面白い。次の小説を期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

池井戸ワールド万歳

2017/08/31 10:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たか - この投稿者のレビュー一覧を見る

二人の成長していく姿、危機を乗り越える状況、そして不思議なつながり。池井戸ワールド万歳。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドラマよりドラマチック

2017/10/27 14:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマを見た後に読んでみた。
ドラマみたいにわかりやすいドラマチックさはなく
たんたんと二人のアキラの人生がそれぞれに紡がれてく。
それでいてラスト二人の素晴らしい才能が力を合わせ
解決に導いた結果には大満足。
ドラマ以上にドラマチック!
「いい稟議だった」(最初はよくかけてただっけ?)この言葉もいい。
そして、マドンナ。途中まったく出てこなくなって・・・
あの章は必要だったのか?その疑問も回収された^^
いや~、いい本だったわ~^^

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

圧倒的

2017/07/12 01:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くうとん - この投稿者のレビュー一覧を見る

睡眠不足の元凶。さすがに一気読みは無理だったけど、ずいぶん睡眠を削ってくれました。
そんな前の作品でしたか。勢いがすごいです。
ステレオタイプな人がたくさん出てくるのに、目が離せませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

カネは人に貸す

2017/08/29 21:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sum - この投稿者のレビュー一覧を見る

2人の<あきら>の物語。
主人公が二人なので、一人に対しての人物の掘り下げが少し薄いように感じ、★マイナスしてます。
経済や銀行のことなどわからないですが、池井戸作品は、とても読みやすい文章と引き込む力!おもしろかったです。
ドラマ化されているので、イライラする叔父二人の俳優さんの顔を思い浮かべながら、読み進めました(笑)
ガシャポンが成長した姿が終盤に出てきたときは、あ!!と膝を叩きました。
個人的には、瑛が入行してからの物語をもっと読みたかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

お約束の展開や描写が省かれてるのに面白いから困ってしまう

2017/11/08 00:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nawade - この投稿者のレビュー一覧を見る

共に社長の息子として生まれ同じ音の名前を持つものの対照的な境遇で育った瑛と彬。
彼らの少年期から青年期までを描いたビジネスエンタメ小説。

タイトルと序盤の展開からすると雑草育ちの瑛と温室育ちの彬がぶつかりあいながら成長していく物語を期待するだろうが、その期待は裏切られるだろう。
それ以外にもお約束の展開や描写が省かれている。
だからといって面白くないのかというと、それでも面白いのだから困ってしまう。
それぞれの原風景に基づいたビジネスマンとしての姿勢で苦境を切り開く二人の姿に引き込まれた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/07/29 15:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/14 07:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/12 18:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/26 14:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/10 09:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/23 11:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/01 16:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/23 19:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/30 18:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

178 件中 1 件~ 15 件を表示