サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

hontoレビュー

水やりはいつも深夜だけど(角川文庫)

水やりはいつも深夜だけど みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (10件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
14 件中 1 件~ 14 件を表示

紙の本

「救い」を感じる短編集

2017/06/01 23:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

一つ屋根の下にいるからこそ感じるもどかしさ、息苦しさ、苛立ち、諦めが印象的な短編集です。ただ、窪さんの作品らしく、先の見えない将来の中にも家族再生への光を見せる「救い」がありました。読んでいるだけで落ち込んだり救われたり、心が揺さぶられます。

それと、今回はとにかく登場人物がよく泣きます。「誰かに興味を持ってほしい」とか「愛されていると感じたい」とか、自分の感情を前面に出して泣きます。年齢を重ねるにつれ弱みを見せづらくなりますが、窪さんの小説を読んでいると弱みを見せてもいいような気がしてきます。これもある種の「救い」だと思いませんか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現代版

2017/09/01 00:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

家族のカタチ
あるいは、
子育て奮闘記。

子どもができてからの、
新しい人間関係、
態度の変化、
立場の変化。

誰もがいままで、
もしくはいま現在、
そしてこれから。
携わるであろう人間関係の中で
悩みと、解放。

窪さんの本はいつも人間の柔らかいところをつついてきて、
それがそのまま泥沼になってもなぜかあたたかくなるのだけれど、
本書はひとつの明るい兆しを示してくれていて、
それはそれで、小説としてやっぱりいいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/10/28 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/30 11:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/13 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/19 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/17 17:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/16 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/07 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/20 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/26 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/10 19:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/16 07:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/04 13:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

14 件中 1 件~ 14 件を表示