サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/31

hontoレビュー

ガーデン

ガーデン みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー28件

みんなの評価3.7

評価内訳

28 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

なにを拠り所にするか

2017/07/22 09:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:千鶴 - この投稿者のレビュー一覧を見る

女は結婚や仕事など、個人のステータスを拠り所にする。
主人公はそのような、しかも男の典型というものにもはまらず、植物たちを拠り所としている。
しかし、彼も結局は女を追う。「男はみんな間違える」ということばに収束されてしまう。どれだけ自分は人と違うと思っていても。
どのような生い立ちを持ったとしても、最後には皆が背負う、人間の性がこの文章には表れているように思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

仕方ない、男だからね。

2017/07/16 18:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

他人と距離をおきたい羽野くん、そこそこ女性と遊んでる風だけど自分のテリトリーには絶対に入れない。
家にはたくさんの植物があり、植物に囲まれて暮らすことを至上の快楽と思ってる。
そんな彼の心に引っかかる女性が現れます。
特に恋愛話があるわけでもなく、仕事話があるわけでもないお話し。
表面上は普通の顔してるけど達観した所がある変わった性格の男と周辺の人々との日常的な様子が描かれてます。
でも、その日常に潜むさざ波みたいな問題が面白い。
「男は必ず間違える」って副編集長のセリフ、思わずニヤリとしました。
そーなのよ。仕方ないのよ。男だからね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

植物男子

2017/06/06 20:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

植物を異常に愛でる男が、仕事で出会うある愛人女性との他愛のない会話で何かを悟る感じがゆっくりと書かれてます。常に、話の背景には必ず植物があり、花や観葉植物、樹木や植物園と実際見てみたくなる本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/07/04 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/23 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/26 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/14 15:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/24 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/10 13:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/05 11:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/17 16:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/23 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/14 12:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/06 20:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/04 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

28 件中 1 件~ 15 件を表示