サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

ケモノの城(双葉文庫)

ケモノの城 みんなのレビュー 新刊

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.8

評価内訳

9 件中 1 件~ 9 件を表示

2017/05/16 19:45

投稿元:ブクログ

おぞましい。
おぞましすぎてさっさと読み終えたくなって、一気読み。
一応救いはある。復讐の部分を多めに書かれていたら、もう少しましなのではないかと思う。でも、それを書いていたら誉田作品ではないような気がする。

2017/05/24 11:50

投稿元:ブクログ

麻痺の始まりはには気づけない。
麻酔とおなじ。

気がついた時にはすべて終わった後で。

動物としての人間とは、
らしさの概念は誰が決めたことなのか。

2017/05/25 07:03

投稿元:ブクログ

小説は登場人物の心情や状況や諸々を想像しながら読むわけだが、悪魔的なことを想像してみるのはなかなか恐ろしい。自分自身の知られざるそういう一面に気づいてしまうとか。氏の作品には時々そういう恐ろしいものがある。これが、武士道シリーズも書くんだからずいぶん多才なことだ

2017/05/12 10:54

投稿元:ブクログ

誉田哲也『ケモノの城』双葉文庫。

文庫化されたので再読。

これまでの誉田哲也の作品とは全く風合いの異なる恐ろしい内容の小説。2002年に発覚した日本犯罪史上稀に見る凶悪事件である北九州・連続監禁殺人事件に触発されて描いた小説らしい。

再読してもなお、とてつもない恐ろさと不安を感じる物語だった。少しづつ明らかになる凄惨な事件の全容、期せずして事件に巻き込まれてしまう辰吾…

具合が悪くなるようなグロく、恐ろしい描写が続き、これが本当に誉田哲也の作品なのかと疑いたくなる作品だった。ここまで徹底的にサイコパスを描いたフィクションというのは、なかなか思い浮かばない。冨樫倫太郎の『SRO』で描かれる近藤房子も、新堂冬樹の一連の吐き気をもよおすような作品も全てぶっ飛ぶほどの恐ろしい作品であった。

そして、不安な余韻を残すラスト…

2017/05/23 01:41

投稿元:ブクログ

あのおぞましい北九州監禁・殺人事件がモデル。途中まではまるでホラーのごとき展開。実際にあったとされる残虐行為のグロい描写は、耐性のない人には辛いかも。長期にわたる虐待によって、いつの間にかそれを受け入れるようになってしまうという人間心理が、一番怖いと感じた。

2017/05/28 14:50

投稿元:ブクログ

【類似作品】
東野圭吾さんの、
「手紙」に「虚ろな十字架」に「さまよう刃」は犯罪物?
「手紙」は、
兄が強盗殺人犯で弟がいい迷惑をこうむってる話し。
「虚ろな十字架」は、
被害者と加害者の在り方の問題ですね。
「さまよう刃」は、
目には目を歯には歯を犯罪には犯罪をって感じでした。
どの作品も、
ぎりぎり「人間っぽさ」が残ってるのが特徴です。
が、
誉田哲也さんの代表作「ストロベリーナイト」をはじめとする、
「姫川玲子」ものもそうなんですがエグい。
この、
「ケモノの城」の「ケモノ」は「人間を超えた悪魔のような人間」をケモノとしてるのですが、
「悪魔」なんてものは存在しません。
「人間っぽくない人間じゃないみたいな悪魔的な残酷な奴」
と、
言ってもそれは、所詮は人間のことなんです。


【正義】
登場人物で後の方になってでてくる「三郎」さん。
かぐりん的には「三郎」こそ、
正義の人と考えるね。
法じゃ無理。
目には目を歯には歯をってやつを体現してる素晴らしき人物です!
結局は、
殺人犯ですが、
それは「歌舞伎町セブン」にもつながる正義だと思う。


【好奇心】
「辰吾」の行動は愛ゆえになのかもしれないけど、
結局は、
その好奇心があったゆえに、
踏み込んでしまってはいけない領域に踏み込んでしまったんですね。
空気が読めてれば踏み込まなかったでしょうあれ以上は。
自業自得なんですよ。
「引き際」を間違えてはいけない。
「知ってはいけない事」って実際にある。
ただそれだけ。


【2002年】
解説を読むとこの話しは、
2002年に北九州で実際に起こった凶悪監禁殺人事件を、
モデルにしてるらしい。
例えば、
血の伯爵夫人と呼ばれた女エリザベート・バートリさんとか。
処女の血を体に浴びると若返るって思って、どれくらいの少女が殺されたことか。。。
同じようにというか、
人ってそこまで残酷になれちゃうんですね。
って、
話は結構ありますよね。
ぐぐれば出てくると思います。
日本でも、
近年2002年でも、
そんな残酷な痛ましい事件は起きている。
つか、
そこまで酷くなくても歌舞伎町にでも行けば毎日のように行われているのかもしれない。
ただ、
知らないだけ表に出てこないだけなのかもね。
で、
いつそれに巻き込まれるかわからんよ。
歌舞伎町ではなく、
ゴールデン街の悪夢って有名ですが知ってますか?
都市伝説のように語られていますが、
毎晩のようにぎりぎりのことが行われているんですよね。。。
怖いわぁー。
なかなかかぐりんが新宿に行かなかった理由はそれ!
怖いから。
歌舞伎町やゴールデン街にある悪夢に巻き込まれたら終わりやもん。


【ヨシオ】
誰にでも持ってると思うよヨシオな部分って。
たまにいませんか?
この人が金と権力を持ったら���ヤバイ」なって思うような人とか。
かぐりんもやばいかも!?
つか、
キルアではなく、
ヒソカタイプの嘘つきってだけなんですけどね、
でも、
もっとめくってみれば、
でてくるかもねヨシオな顔も?!
ヨシオってヨシオなんですよね。
「善雄」ですかね?「良男」ですかね?
漢字で表記しないあたりが怖いですね。


【聖子】
真っすぐに育ってますよね。
よくぞ、
こう育ったと思うけど、
それって、
生まれ持った資質の部分が大きいと思う。
誰でも、
ここまで綺麗に育たないよね。
「小倉」さんがステキな人だったのかもしれないけど、
教育の限界を超えてると思うの。
「ヨシオ」も含めて教育の限界ってある。
持って生まれた資質が重要なんですよ。
違うかな?

【一言】
誉田哲也さんの作品って本当にエグいんで、
オススメいたす!
と、
声を大にして言えませんが、所詮は小説です。
踏み込んでみても気持ち悪くなるだけで、それ以上のことはありません。
踏み込んでみてもいいんじゃないかな?
と、
思うのでオススメいたすよ!

2017/05/16 15:51

投稿元:ブクログ

おぞましい物語である。
フィクションなのかノンフィクションなのか・・・
ありえない、考えられない、表現・・・

2017/05/19 00:08

投稿元:ブクログ

かなり引き込まれた。あまりやったことがなかったが、一気読みしてしまった。表現などは、かなり残酷で、結構残酷な映画のようであった。ある意味、面白かったが、ちょっと調べると、北九州の極悪監禁事件を元ネタにして小説にしただけのものだったので、残念。

2017/05/15 08:23

投稿元:ブクログ

非常に気持ち悪いことで印象に残る。描写もうまく、その具体的な文章が何かの折に思い出し、そういった意味で忘れられない小説になりそうだ。

9 件中 1 件~ 9 件を表示