サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

hontoレビュー

父の後妻 書き下ろし長編魔性エロス(双葉文庫)

父の後妻 書き下ろし長編魔性エロス みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

若き後妻の罪深き魔性

2017/06/18 22:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

大会社を築き上げて今は72歳の父が突然再婚した。相手は自分より僅か4歳年上の28歳だと言う。怪しい。財産目当てなのか?といった謎から始まる物語である。現当主の兄や親族達と同様に若き後妻【悠梨】へ疑惑の目を向けていた主人公だが、実際に接していく中で「本当は違うのではないか?」と思い始めていく。このコントラストがじわじわと切なくなってくる物語とも言える。

謎解きを進める主人公が向かう先々にサブヒロインが配置されている。悠梨の拠り所であるピアノに関するバーのママや前夫(悠梨と父とは再婚同士)の愛人だったというナース、それに前夫の娘が節目に登場しては主人公の求めに応じて悠梨の過去を口にしていく。立場の違いもあって応じ方は様々なのだが、最後は何故か関係を求めてくる。

この誘惑のアプローチはやや強引な印象もあるのだが、悠梨の過去を話すのと引き替えだったり、主人公の素直さに免じつつ夜勤明けで疼く体を持て余していたり、あるいは突然現れた若い女に父を奪われた(と一方的に思っている)憤慨からの早く大人になりたい女心といったように相応の理由は用意されている。あくまでも悠梨の過去を振り返り、その真意を突き止める過程においての官能という位置づけのようである。

それでも、しっとり風情ながら貪欲に求める熟女ママに年が近いのか親し気な雰囲気を醸して求めてくるナース、そして可憐な積極さを見せる生娘と三者三様な官能面の品揃えはプチフルコースの様相である。

終盤では父に突然の不幸が訪れる。63歳だったという前夫も同様だったようで、高齢の男に見初められ、それを受け入れる理由は判然としないのだが、少なくとも彼らに訪れた不幸の理由は別のところにあると読み手には判る。それとなく判ってくる。周りが抱く疑惑を余所に本当の理由を小出しにしつつ、それを読み手にじんわり判らせる文章の進め方はニクいところである。

しかし、最後に訪れた主人公と悠梨との交合の果てにはちょっとした肩透かしに近い感慨を覚えることになる。主人公に同調していると裏切られたかのようでもあるが、これをどう読み解けば良いのだろう。

ずっと主人公の視点で、その対象として描かれてきた悠梨が最後の1頁半に限って自身の独白に変わるのは、その若さと美貌と見えない感情から誤解されてきた自身の本性の吐露であり、時に持ち上げられるも身勝手に落とされ、梯子を外される自分の本当はこうなんだ、周りが思っているのとは全然違うのだ、という宣言のようにも思えてならない。なかなかに罪深い女の官能的な本性にして魔性が垣間見える幕の引き方である。

女の考えていることは本来シンプルで一途なのだけれども、その矛先が見えず、理解できないから男には複雑に見えてしまうのだ、ということだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示