サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

トオリヌケキンシ(文春文庫)

トオリヌケキンシ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
18 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

これぞ、加納朋子!、といえる作品集。

2017/06/14 03:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

6編入りの短編集。
冒頭の『トオリヌケ キンシ』に、油断して泣いた。
連作短編ではないが、最後の話で他のエピソードの登場人物が出てくる(明確にわかる人と、もしかしてそうかな?のレベルと)おまけつき。

『トオリヌケ キンシ』・『平穏で平凡で、幸運な人生』・『空蝉』はほぼ同じ構成。
幼き(若き)日のエピソードから始まり、その後成長した主人公たちがあの日々の記憶によって救われる。 誰もわかってくれないという苦しみを抱えつつ、自分の思い込みが自分の首を絞めているということにも気付かないほど痛めつけられた過去を持つ人たちに、さりげなく訪れる救い。 これまたつい泣いた。

時間軸の移動はそんなにないが、残り3編『フー・アー・ユー?』・『座敷童と兎と亀と』・『この出口の無い、閉ざされた部屋で』も、いろんな事情で「他の人には理解してもらえない」ことを抱えている人々の物語。 そこで自棄になるのも若さ故だし、ついお節介したくなるのは年長者の証かな。
全体的に、加納朋子節が全開!
『この出口の無い、閉ざされた世界で』は冒頭、非常に吉野朔美的でどぎまぎしてしまったけれど、中身はどの作品以上に加納朋子だった。

私は『トオリヌケ キンシ』と『空蝉』が特に印象深いかも。 泣いたから、というだけではなくて、後味のよくない内容を取り上げておきながらそれでもやっぱり読後感はよろしいから(その点、若竹七海と真逆なのだが、私はどちらも好きである)。

もともと多作な人ではないが、結婚して子供を産んでから作品の発表ペースは落ち、病気してから更に落ち、回復に伴いちょっとずつ発表ペースが上がってきたのは大変よろこばしい。 でも、「病気した人だから」という目で見られるのは作家としては好ましくないだろう。
けれど、この作品群は<病気した人だからこそ書ける>内容なのもまた事実で。
なんとなく、複雑。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

愛しい哀しいうれしい物語たち

2018/05/20 09:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

脳腫瘍、共感覚、相貌失認、醜形恐怖症、場面緘黙、反側空間無視、無菌病棟、無菌室……漢字を並べると医療関係の言葉って、なんておどろおどろしいのだろう。
無菌病棟から生還した加納朋子の『トオリヌケキンシ』は、そんな言葉にまつわる短篇集。
でも、こわい暗い話でなく、。
ファンタジーに終わらず、日常ミステリーで謎は解ける。
犯人はいないミステリー。
加納朋子らしく、それぞれの短篇がちょびっとリンクしてるのも楽しい。
小学生でも、読書になれていたら読めます。おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

再会しました

2017/09/28 09:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み進みながら、デジャビュというか、妙な既読感。表題作は以前、NHKのラジオ文芸館で放送されていました。本書を読み始めるまで、そのことをすっかり忘れていました。放送は仕事中に聞き流していたのですが、今回はすっかりはまってしまいました。
書き出しは次のようになっています。

トオリヌケキンシ
その札を見るたびに、思っていた。
そうか、ここからどこかに通り抜けられるんだ、と。

通り抜けられるはずなのに、ぜんぜん出口が見えてこない。
出口は自分で見つけるのか、誰かがみちびいてくれるのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

短編集

2019/08/03 22:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主に症状あるいは病気がモチーフとなった6つの作品からなる短編集。加納朋子さんの作品が好きなので読んでみましたが、残念ながら正直あまり楽しめませんでした。他の本をオススメします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/06/09 00:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/11 15:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/04 11:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/13 20:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/14 16:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/07 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/13 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/02 09:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/07 07:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/26 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/30 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

18 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。