サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

どこかでベートーヴェン(宝島社文庫)

どこかでベートーヴェン みんなのレビュー 新刊

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

2017/05/16 22:44

投稿元:ブクログ

高校時代の岬洋介、出会った災害と事件。子供の頃から独特な人だったのね。月光と悲愴、読みながらメロディーが聞こえるなんて不思議。

2017/05/15 18:36

投稿元:ブクログ

好きな作家の一人だ。
少し使い慣れない漢字で表現したり、言葉の使い方が魅力的だったりと文章が素敵だ。
ストーリー展開も上手いし、中山七里ファンであれば他の作品との絡みが読み手の気持ちをくすぐる。
また主人公の高校生の時の話であり、前の作品群に繋がるので興味深く読める。
ただ推理の所の捻りが多少物足らない点が残念だ。
贅沢な要求なのかもしれない。

2017/05/18 06:56

投稿元:ブクログ

岬洋介最初の事件らしい。
なんだか岬洋介が、浅見光彦みたいでちょっと笑ってしまったけど、本作は才能を持つ者と凡人との差、お互いの見えない辛さ、若さゆえの残酷さなどが丁寧に描かれていて胸を突かれた。

2017/05/17 19:14

投稿元:ブクログ

岬洋介の最初の事件簿。岬少年が殺人の容疑者となる。

彼の作品はいつまでもショパンから入りました。なので、岬洋介の立ち位置が良くわかりませんでしたが、今回はよく理解できました。

一言で感想を言うと少年少女の残酷さが際立っていたと思う。オブラートに包まない言葉の狂気。
鷹村君が葛藤しながらも、最後まで岬洋介の味方で良かったと思う。

才能はひとを魅了するが時には凶器になる。天才と凡人との努力では埋められないものって、やっぱりあるんだなと思う。それが、本当の意味でのスタートラインだと思うし、棚橋先生が言う正しい努力もしなければいけない。

結局は、努力は報われないかもしれないけど、努力し続けるしかないんだなと。

2017/05/24 16:16

投稿元:ブクログ

何も考えずに手にとって読んだら岬シリーズの4作目だった、とはいえ岬洋介の高校生時代の話しなのでここから読んでもまったく問題はないみたい。
ミステリーとしてよりは、才能を持つものへの憧れや嫉妬、生き方育ち方、それらの関係や描きが自分にはザクザクときて濃い読み物になった。
相変わらず他のシリーズと少しずつ絡ませるのだが、エピローグ最後の一行で、えー!それはないわ!ちょっと混乱する 笑
クラッシックに造詣が深ければもっと違った読み応えになるのだろう。
文庫本の特典で最後おまけの岬検事の短編よかった。

2017/05/14 02:20

投稿元:ブクログ

最初の事件。と、最初の絶望。
おもしろかったです。そしてつらい。
なんだかどんどん光彦さん化してる気がしますが・・・

2017/05/24 18:11

投稿元:ブクログ

超久々に読んだ岬洋介シリーズというか中山七里。相変わらず音楽の描写は上手です。読んでいて実際の音源を想像するのが苦痛になりません。ミステリー自体はあまりどんでん返し感は得られませんでしたが、高校時代のエピソードは興味深いものでした。書き下ろしのコンチェルトも父親視点で穴埋め出来て面白く読みました。

2017/05/25 14:44

投稿元:ブクログ

ミステリーではあるけれど、謎解き要素は薄め。クラシック濃度が高め。あの岬洋介、高校生の物語。
本作品を通してつきつけられる「才能ある人の存在」。もつ者ともたざる者、その差は残酷だ。私はもちろんもたざる者で、語り手に同調する部分が大きかった。現実から目をそむけて、諦めて、諦めきれなくて、嫉妬して、距離をとって…。岬が才能に自覚的でもっと嫌な奴なら良かった。無自覚だからこそ、クラスメートの嫉妬・憎悪をいっそうにあおってしまったのかもしれない。人の嫉妬を、読者という一歩引いた立場で見ると、とても醜い。でも、これが当事者であれば、その醜さに気づけるだろうか?案外、彼らに同調してしまうのかもしれない。ずっと、胸に小さなしこりを感じながら読んでいた。
でも、もつ者であるはずの岬も、一方ではもたざる者。この展開、満を持してのベートーヴェンなのだったと思う。

そう、確かにミステリー要素は薄め。でも、さすがは中山七里さん、粋な仕掛けをありがとうございます。

8 件中 1 件~ 8 件を表示