サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

矢内原忠雄 戦争と知識人の使命(岩波新書 新赤版)

矢内原忠雄 戦争と知識人の使命 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

信仰の人

2017/11/30 17:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:親譲りの無鉄砲 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今から80年前日中戦争が勃発したとき、「神の国」と題した講演において「いくさを止めよ」と叫んだ男がいた。キリスト者・矢内原忠雄である。右翼の蓑田胸喜らの攻撃を受け東大から去った。戦中の言論統制下に転向する知識人が続出する中、また多くのキリスト教徒もまた戦争協力した中で、信念を貫いて非戦を唱えた彼は、戦後一転多くの人の尊敬を集めた。東大教授に復帰し、内村鑑三や新渡戸稲造の謦咳に接した同じ無教会派キリスト教信徒の南原繁の後を継ぎ総長にもなった。しかしある頃から彼の名を聞くことがなくなる。
 彼は、評者のような無信仰の人間には理解の難しい知識人である。戦前は植民地政策学を講じる社会科学者だった。大航海時代を経て西欧列強が帝国主義化していく過程にあってキリスト教が果たした歴史的役割は大きかったとは思うが、今見ると、おや?と素朴な疑問が湧く。彼の信仰心との間に内部矛盾はなかったのか、と。しかし本書によると、彼の定義による「植民」とは、社会群の移住とその活動がその本質であって、その植民政策学は新しい地域へと移住して社会的・経済的に活動する現象を対象とすることにより、現実の帝国主義下の支配・被支配関係がすっぽり脱落しているところが特徴である。移民それ自体には可も不可もない。キリスト教発祥のユダヤの歴史はまさに移民族としてのそれある。現代における難民問題や移民政策を射程に入れていたのかと思われるほどだ。そして、当時の英帝国において本国と諸ドミニオンからなる自主諸国民連合という形で新たなる紐帯の国家群として発展しつつある状況を、国際連盟よりも好ましいとした。ユニークな視点だ。理想的状況は実現していないものの、英連邦的な自主独立かつ平和的な結合への希望を、神への信仰心をかけて語る。多くの台湾や朝鮮出身の弟子たちが彼の人と学問に魅了されたのもそれによる。彼の経済学には紛れもなくマルクス主義との親和性があるものの、その思想的基盤にある唯物論を受け入れることがなかった。彼の中には絶対的信仰心に基づく神の国の理想・原理は確かにある。しかし彼のはまざしは現実を見据えていて、理想へ導いていくための「プロセス」を重視している。本人に自覚はない、或いは信仰との激しい葛藤の末に到達した理念によるものか定かではないが、プラグマティックな思考が彼を支配してもいる。
 著者によると、丸山眞男は近代日本のキリスト教には抵抗権の思想があまり見られないと指摘したが矢内原も例外ではない、という。キリスト教に神に対する絶対服従の観念が浸透しているためだろう。だから全体主義に対する批判も弱い。彼の中では神の国は一種権威主義的なのである。ただし現実の神の国を体現していない国家がその権力をもって個人の自由や権利を蹂躙する全体主義については批判している。徴兵拒否にも批判的だったというが、放逸した自由主義に対する嫌悪が、秩序を重んずる気持ちに転化したのかもしれない。この辺り家父長的権威主義な傾向が認められる。その傾向はどこから来るのか?著者が指摘するように、恐らく彼自身預言者としての自覚を持っていたためだろう。彼が戦中「神の国」講演で悲愴な覚悟をもって非戦を訴えた時、預言者即ち権威者としての使命をもって語っていたのではないか。彼の「イエス伝」等を読むと、その強烈なビジュアル的明晰性に多くの人が驚く。いかに彼が聖書研究に没頭したのか。その賜物だろう、恐らくその中で度々心に浮かんだであろう生き生きとしたイエスらのイメージや当時の風景に、神の啓示を確信したのではあるまいか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/10/08 10:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/06 14:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/08 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/14 15:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。