サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

デンジャラス

デンジャラス みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー45件

みんなの評価3.7

評価内訳

45 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

葛藤を懐きつつ淡々と

2018/04/02 20:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

谷崎潤一郎の作品はかなり読んでいたので、小説家と小説家に選ばれた家族たちの背景を垣間見られて、興味深かった。
モデルとなった人々が様々な葛藤を懐きつつ淡々と過ごしていたのが不思議。
だが、その淡々さがかえって深い闇を思い起こさせて、そこが桐野さんの狙いだったのかと思った。

桐野さんの作品は初めて読んだが、読みやすかったので又続いて読んでみようと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

谷崎潤一郎とその女たち

2017/11/14 09:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まもり - この投稿者のレビュー一覧を見る

野さん初読み。読もうかなーと思うことがなかったわけでもないが、なんだか怖くて踏ん切りつかず。今回、谷崎潤一郎を描いたと聞き、谷崎文学すらほぼ未読なのにそれじゃあと読んでみることに。文章がとても読みやすいのでスルスル最後まで一気に読む。私の谷崎潤一郎のイメージは雑多な書評や、かいつまんだ文章を経て「ちょっと変態的」文学なのかなーと思ってしまっていて、何だかスミマセン。

読後、表題の「デンジャラス」からイメージする超絶のキワドさのようなものは私には感じられなかった。独特な家族を構築した谷崎の美学が私には遠い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/10/06 19:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/28 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/07 10:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/07 15:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/11 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/28 10:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/12 16:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/15 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/24 16:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/06 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/14 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/22 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/03 22:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

45 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。