サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

まるまるの毬(講談社文庫)

まるまるの毬 みんなのレビュー

文庫 第36回吉川英治文学新人賞 受賞作品

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー41件

みんなの評価4.2

評価内訳

41 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

タクタク読み

2017/06/22 15:58

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たくちゅん - この投稿者のレビュー一覧を見る

菓子屋・治兵衛とその娘、孫らが、人生の苦難・理不尽さに家族として、何が大切か何が重要なのか教えられる悲しくもあり嬉しいストーリーになっています。

治兵衛の弟・石海との兄弟の成り立ちや会話が、良いスパイスになり、物語を成立させ家族の絆が強調された作品でした。続後感が、久しぶりに◎です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

味わい深さがあり、古さを感じさせない時代小説

2017/08/08 20:16

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょうちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ふだん、時代小説は読まないけれど、なぜか惹かれて購入。
『三途の川でおとしもの』の作者さんだったんですね。

時代小説で古い言葉も豊富なのに読みやすく、古さを感じさせない。
それは、きっとキャラがいいからだと思います。

ひとつひとつのお菓子もおいしそうで、思わずまんじゅうを買いに行きたくなってしまったり…笑


娘さんが長崎に行けなかったのは心残りですが…後味は悪くありません。
(あと、弟子入り希望の男の子が再び出てきてほしかったな…)
さっぱりとした味わい深い家族の物語です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほんわかお菓子

2017/06/27 13:01

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BHUTAN - この投稿者のレビュー一覧を見る

麹町で、お君と母、祖父で営む諸国菓子の店。
諸国名産をテ゜ハ地下で買える昨今とは違うので、どれだけかご近所のかたがたに楽しんでいただけたろう。
秘密は持っていても職人の祖父。そして頼りがいのある僧侶の叔父。
恋は破れたが、お君の未来はばら色だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんなお店が近所にあったらいいなあ

2018/05/20 23:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

西條奈加『まるまるの毬』(毬は、「いが」)を読んだのは、おいしそうな和菓子の話だったから。
京都に通ってた頃は、鼓月さんの月替わりの上生菓子を楽しみにしてたのですが、最近はとんとご無沙汰で。
全国各地の銘菓が作れて、その日の気分で作って売る菓子を決めるという江戸の菓子職人の話。
まあ、いろいろからむ人情話なのですが。
解説にも書かれてたけど、こんなお店が近所にあったらいいなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

心が

2020/02/25 15:42

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おどおどさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

疲れた時に読む本だというので、どんなのかな?と思ったら、江戸時代のお菓子の話とは興味深い!
物語を読んで癒やされるのも、本好きにはたまらない!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お菓子を通した家族の物語

2017/08/20 17:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこすき旅人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

全国を巡り歩き様々な和菓子を学んだ職人とその家族の物語です。材料を切り詰めながら似たお菓子を作り出し、庶民だけでなく武家にも愛されるお菓子を作り続ける職人ですが、出生にかかわる秘密や孫娘や娘に関する問題、同業者からの妬みや陰謀などに負けず、お菓子を通して、家族の気持ちを確認しあいながら、困難を乗り越えていきます。現在の家族の問題にも通じるものがあると思います。江戸時代の繊細なお菓子作りの様子も楽しめる良いお話だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

深みが足りない。

2019/03/09 00:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:satonoaki - この投稿者のレビュー一覧を見る

時代小説をまだあまり読んでいない人には、向いているだろうと思いますが、歴代の有名な時代小説作家の作品を多く読んでいる人には、物足りないだろうと思います。
武士の家にもいろいろごたごたがあったと思います。
しかし、いきなりご落胤というのは仰々しい。
弟は立派なお寺の僧侶とのこと。
出自や日常生活の心の闇を、もっと掘り下げて書いてほしかった。
地に足が着いていないようなストーリーならば、このままお君をふわっとお武家に嫁がせてやりたかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/12/02 11:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/29 08:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/21 13:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/12/15 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/28 11:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/13 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/13 20:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/15 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

41 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。