サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

騎士団長のお気に召すまま

騎士団長のお気に召すまま みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍

迷走中ですね。

2017/07/27 12:17

5人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

料理屋「七つの波止場亭」の看板娘セシルは、天然娘。
言い寄ってくる幼なじみを気が付かないうちに袖にし、日々天然に母を助けてがんばっている。
ある日セシルは、川で、記憶喪失の若い男を助ける。
元気になっても行く当てのない彼を、ヴィーと呼んで、住み込み従業員として置いてやるうちに、恋心が芽生え、抱かれ、恋人のように過ごすセシルとヴィー。
けれども記憶が戻った彼は、黒虎騎士団長のヴィクトラムだったことが判明、彼女の元を去って行くのだったが…

うーん。
「七つの波止場亭」というからには、近くに波止場があるはず。
「緑豊かな森に囲まれた」村だから大きな川辺の村だと思う。
けれども、七つの波止場亭の近くを流れる川から聞こえてくるのは、「せせらぎ」の音。
せせらぎは、小川の奏でる音なのです。
波止場があるような大河や運河の音ではない。
船や、河岸にぶつかる優しい波の音が聞こえてくるならば、即座に情景を描くことができるはずなのに。
近くを流れるのが小川なら、なぜお店の名前をそんな名前に?と、読者は思います。
そうすると、店名の由来を語るエピソードのひとつも必要になってくる。
と、いうふうに、やっぱり、情景を描く時の違和感が、物語のそこかしこに影を落としてしまう。
もしくは、必要なエピソードは必要、必要のないエピソードは切り捨てるという、的確な再構成の作業が必要。
枚数の問題でお店の名前を説明するエピソードが入れられないなら、思い切って店名を変えちゃう必要があるかもしれない。
TLにそこまで求めるよな、と自分でも思うのですが。
普通なら読み飛ばしちゃうのですけど、求めてしまいたい書き手さんもいる、ということなのでしょう。

迷走する白ヶ音さん。
ノーチェは初登場ですね。
文体は割と平たくドライに書かれていて、いろいろ試行錯誤をされているのかもしれないなーとも思います。
というのも、今回は男性(ヒーロー)視点がほぼなくて、ナナメ上走っちゃうヒロインの勘違い視点で構成されているから。
恋情はさらりとしていて、ぐっとこない感じ。
ヒロイン視点だけだと、勘違いヒロインの可愛さが、いまひとつきゅんとこないんですよね。
勘違いヒロインって可愛いんだけれど、やっぱりそれを可愛い、愛しいと思う男性視点が、きゅんを作る。
ヒロインひとり視点だと、切なくて甘い恋情を切々と出していってもらわないと、ぐぐっと来るものにならないのだと思います。
そのへんは、がんばっているなとは思うのですが、なにしろ天然娘のセシルなので、今ひとつぐぐっと来ないのです。
ヒーローも寡黙でカッコ良いのですが、どうもいまひとつきゅんが足りない。
せっかくたくさん出した脇役の扱いも適当でずさん。
セシルのお母さんの行動の扱い方が一番ずさん。
多分ね、彼らの行動の理由をきちんと書いて生かすなら、もっと全体的にボリュームが必要なんだろうと思いました。

えろはやっぱり甘きゅんで好き。
読み飛ばしもののTLとしては★3つはあると思います。
やっぱり長編、読みたいかもしれないな、白ヶ音さんの。
と、思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

いくらTLとは言え……

2017/07/19 23:51

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wakana - この投稿者のレビュー一覧を見る

両想いなのに行き違いから……って状態ではあるのですが、なんかじれじれすれ違いとというほどではなく、中途半端。
脇キャラも生かしきれてないし、全体的にあまり盛り上がらない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示