サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 鹿の王 1
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー43件

みんなの評価4.2

評価内訳

43 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

ヴァンのことかと?

2017/06/29 15:53

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルから、最初、飛鹿に乗る独角の頭であるヴァンの生き様や戦いを中心に描かれた物語を想像していましたが、そんな簡単な話ではないですね・・・。
悲しくもある、けれどしたたかな面を併せ持つ、被征服民達の戦いの物語・・・になるのかな?
早く続きを読まなきゃ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

待ちに待った文庫化 !

2017/08/08 18:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ほわちん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハードカバー時代から書店で見つけて読みたいと思っていた。それが待ちに待った文庫化。迷わず即買いへ。
オープニングは思いもよらない斬新な切り口から始まった。どういうストーリーになって行くのか、主人公は誰?など考える間もなく、予想もできない展開にどんどん引きずり込まれていく。戦いの歴史や民族性が故の人間逹の駆け引き、複雑な国の流れの中で生きていく人達.....その中でユナという少女のあどけなさが温かみをくれ、飛鹿と呼ばれる神秘的な動物の魅力がストーリーをピュアな世界へ招いてくれる。
第1巻の巻末は第2巻の大きなエピソードの幕開けとなるキーを残して終わっている。
もちろん第2巻を手にしないわけはない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

オトナテイスト

2017/08/12 21:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひややっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

少女も出てきますが、いや少女というより赤ちゃんから幼児・・まだ彼女の冒険譚には早すぎる。主人公はいったい誰なの??
守り人シリーズや獣の奏者シリーズよりももっと落ち着いた筆致。さてどう展開するんでしょう。期待!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

物語の始まり

2017/09/14 14:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語の始まりは、暗くて、つらくて、いやな感じだったけど…
主人公のヴァンとホッサル。
二人が出会うときはやってくるのか?
そしてその時は複雑な事情の二人の関係がどうなるのか?
続きを読むのが楽しみです♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしい自然の描写

2017/09/14 15:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

岩塩鉱、豊かな森、その中で生きる飛鹿やトナカイといった自然の描写が、まるで映像を見ているように、綺麗に描かれていて、そこにまず惹かれます。ストーリーは、脅威のウイルスが、岩塩鉱で働く人たちを襲い、ほぼ全滅。その中から生き残って体に免疫ができた?ヴァンと、名医ホッサルという二人のストーリーが代わる代わる進んでいきます。読むのがもったいないので、途中まではちょっとづつ読んでましたが、最後は。。残り3巻、どんな物語なのかまだまだ予測できていない状況で、ワクワクします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

上橋さん、さすが!

2017/06/25 19:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

やっぱ上橋さんの物語だ。のっけからやばい。これは嵌るぞと神経が震える。ヴァンとユナの関係が微笑ましくてずっとこの二人だけの話、読ませてよと思ったけど、それだとまあつまらないよね。追う者、追われる者、緊迫した空気が伝わってくる。1行読むごとにその世界に吸い込まれて行く。ヴァンとホッサム、いつ出会うのだろうか。そしてどうなるのか。ヴァンとユナが授かった力は一体どのように発揮され、彼らを助けるのか。気になる。2巻目読みたいけど、3、4の発売が1ヶ月後だと思うと躊躇。悩む。この悩みも面白い本だからこその魅力かな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/07/30 10:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/16 14:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/01 11:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/07 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/22 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/20 20:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/10 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/15 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/09 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

43 件中 1 件~ 15 件を表示