サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

彼女の人生は間違いじゃない(河出文庫)

彼女の人生は間違いじゃない みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

原作を読んだら映画も観て下さい

2019/04/05 08:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

廣木隆一。1956年、福島県郡山市生まれ。本業、映画監督。
 この作品はそんな彼が初めて書いた小説である。
 ピンク映画と呼ばれていた時代の成人向け映画でデビューし、その後は多彩な作品のメガホンをとって、現代の日本映画でも目の放せられない映画人である。
 2003年寺島しのぶが主演した「ヴァイブレータ」は数々の賞を受賞した傑作で、その年のキネマ旬報ベストテンで日本映画部門3位となっている。
 そのほか、こんな作品も廣木の監督作品なのかと驚くようなものも多い。
 そして、2015年に文芸誌「文藝」に発表したこの作品も、2017年自身の手で映画化されている。その年のキネマ旬報ベストテンで、これは7位となっている。

 自身が原作であるが、脚本は加藤正人である。
 加藤が脚本を手掛けたせいか、主人公であるみゆきの母親の死が原作では東日本大震災以前での病死が映画では津波にさらわれたことに変わっている。
 東日本大震災を背景にしてたくさんの小説が書かれてきて、この作品もその一つに数えられるのだろうが、安易に感傷的になることをあえて廣木は小説では避けたのかもしれない。
 それは廣木自身が福島の出身ということもあるだろうが、それを加藤正人という他者が脚本を書くことで、もっとストレートに作品が出来上がったように感じる。

 つまり、自身の原作を映画化した廣木監督は映像化することでより鮮明に自身が抱えている、そしてそれはヒロインが抱えているものでもある、感情をより鮮明にするという多層的な作品になっているように思える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/07/20 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/06 22:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。