サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

縮小ニッポンの衝撃(講談社現代新書)

縮小ニッポンの衝撃 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー45件

みんなの評価3.9

評価内訳

45 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

少子高齢化、人口減がこんなに怖いことになるなんて・・・

2017/07/30 16:24

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本の人口は2053年には1億をわり、これから50年間で約4千万人が減るのだという。その間急速な高齢化が進む。これがすごい怖いいことなのだということが本書を読むとよくわかる。
過疎化という言葉は地方都市のものかと思ったが、池袋も将来、消滅するかも。都会は地方から仕事を求めて集まる場所だったが、仕事はあるが非正規労働などが多くなり、家族が養える労働でないために一生独身者が増えて、少子化のために都市が消滅する、しかも死ぬ時は孤独に死んでいく。怖い・・・

財政破綻1号の夕張市の事も怖い。
ほとんどの施設が閉鎖もしくは廃墟と化しており、自治体が手を打てずに街の縮小が始まる。炭鉱から観光へと大きく舵を切り、不適切な会計処理を行った首長や市の行政当局にあるのか、石炭など国策で翻弄した国にあるのか。いずれにしても最大の責任者が直接責任を取らない政治の仕組に怒りを感じる。

島根県のいわゆる過疎の町は、当たり前の公共サービスが提供されず、自治体は住民の共同組織に、公共サービスを自分たちでやれとわずかな金を渡し丸投げする。70,80歳の住民にだ。怖すぎる。

そもそも、少子高齢化が国民の責任なのか、産めない施策を政府が進めてきたからではないか、一極集中の施策が現在も進行しているが、例えば、最低賃金だって地方と東京では200円以上の開きがあるのだ。東京で働きたいと思っても仕方がない状況が作られている。農業では暮らしていけない状況が作られている。政治の責任だ。財界言うなりの雇用政策を進めてきて非正規を増やしているのも国の責任だ。保育所待機児ゼロの約束も反故にされたし。
こんな怖い思いをさせるなんて、しかし、そんな政治家を選んだのは私達だということも怖い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ゆでガエル

2017/11/28 20:05

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

人口の激減が予想される日本の近未来。その時、我々の身に何が起こるのかを、夕張市や島根県等の先行事例を検証し、未来図を描きます。
 メンテできずに朽ち果てていくインフラや公共施設。機能不全に陥る役所は、前例のない撤退戦を強いられます。そして、愛着ある住処を捨てざるを得なくなる冷酷な現実が明らかにされます。
 しかし、それでもなお「地方創生」策で何とかなると現実を直視しない専門家もいて、呆れました。「自分たちは、ゆでガエル」と話す島根の方の言葉が重たいです。やや感傷的なエピローグには不満ですが、渾身のレポートでした。

 ところで、本書で、議論されているのは市町村レベルの話です。一方で、日本市場が急速に縮むわけですから、海外進出していない日本だけで勝負している企業は容赦なく淘汰されると思います。また、高齢化が顕著な農林水産業は、担い手がいなくなり消滅するかもしれません。
 政治家たちは、「森友」や「加計」以外の諸問題にも関心を払い、「加計」なみの議論を国会で戦わせてほしいと強く思いました(政局にならない課題には、マスコミも野党も興味はないでしょうが・・・)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本の未来が見えた

2018/05/01 11:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

人口減少をデータで示した話題の本『未来の年表』に続いて本書を手に取った。『未来の・・・」がデータに基づく未来予測であるのに対して、本書は人口急減で、既に実際に起こっていることを取材したものである。人口減少は近未来のことではなく、現在進行形であると示され、より強い衝撃を受けた。例えば第1章では、東京23区で人口が増加している豊島区が消滅危機自治体に分類されている理由を解き明かしている。その中では人口急減社会は、若年層の経済状況など重層的な危機を内包していることも示されていた。
『未来の年表』と『縮小ニッポンの衝撃』で共通するところも多いので、人口急減による危機は不可避なのであろう。一体どれだけの備えが今できているのかを考えると心許ない限りである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

日本の20年後のルポルタージュ

2019/05/20 14:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぐぐぅ - この投稿者のレビュー一覧を見る

人口減少始まった日本。これから何が起きていくのかを、単なる数字を追って想像するのではなく、既に起きている現場のルポルタージュから探ろうとするもの。日本の20年後を先取りしている地方の現場だけでなく、首都圏近郊の実態にも迫ります。NHKの番組の書籍化なので、やはり映像も見たいところ。過度に悲観的になることもないと思うが、これから向かう未来を認識しておくことは大事かな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/11/23 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/31 17:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/02 13:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/20 14:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/31 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/20 12:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/15 07:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/16 15:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/26 14:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/28 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/23 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

45 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。