サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

hontoレビュー

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

三人の嫁 長編小説(竹書房文庫)

三人の嫁 長編小説 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

電子書籍

欲望を 表に出す人 隠す人

2017/10/24 18:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

宝くじが当たった人がいて恩恵に与れるらしい。その当選者が親族ともなれば繕うこともなく本音をぶつけることもできよう。そんな降って沸いた僥倖によって人の裏の顔が滲み出てくる物語である。息子達の家族に当選金を分配すると持ち掛けた父親が今回のチン騒動を引き起こしたとも言えるのだが、これによってそれぞれの妻達がその魅力を見せつけて迫ってくる。つまりは当選金目当ての枕接待に発展するストーリーである。

長男の妻【淑乃】 36歳
次男の妻【香生子】28歳
三男の妻【茜里】 23歳

姉さん女房の淑乃は普段から落ち着きのある和装麗人の佇まい。主人公たる義父(61歳)との日頃の付き合いは疎遠だったものの、この機会を逃さずべしと表向きこそ平静を装いながらもミエミエの態度を見せ始める。義父と同居の香生子が不在の隙を狙ってマッサージと称したボディタッチを仕掛けたり、後日には香生子達夫婦を旅行に追いやって「接待」に勤しむといった迫りを見せている。妖艶さ漂う淑乃との場面はどれもいやらしく、割烹着姿でキッチンというナイスなシチュエーションも飛び出してくる。

未だ学生気分が抜けていないような茜里は常にオープン。恥じらいには欠けるものの義父にドライブをせがんでは車中でコトに及ぼうとする積極さを見せる。しかし、だからと言って当選金の分配には無関係と伝えれば冷めたと止めてしまうような素振りを見せる駆け引き上手なところも。そんな子猫のような扱いづらさに辟易しながらも、それが次第に魅力へと変わっていく義父である。

夫が浮気しているとかセックスが下手だとか、父親の耳には入れるべきでないことまで口にしながら、そして他の嫁とも同じことをしてはいないかと鞘当てしながらも関係を結べば老練の手管に翻弄され、大いに感じ入っては乱れてしまう淑乃や茜里がサブヒロインとして輝いている。これまで見向きもしなかった義父の元へ足繁く通う滑稽さには欲に眩んだ果てに媚びた醜態を晒す身内の女達が描かれていた。

そんな状況を尻目に清楚な佇まいを崩さず、常に義父の身を案じる香生子の献身的な振る舞いは淑乃や茜里とは対を成す存在であるのだが、2人が仲睦まじく接しているのを目にしてからは態度に変化が現れ、次第に調子に乗り始めて態度が横柄になってきた義父と衝突したりもしている。この変化を嫉妬と見た義父の心は弾むのだが、それには理由があったことが最後に判明している。一筋縄でいかない女心は淑乃や茜里からも感じ取っていた義父だが、ここまでくると脱帽と言いたくなるオチである。場合によっては最も許せないながらも許せてしまう絶妙な塩梅で香生子を描いた作者の筆の運びはさすがと言わねばならず、これにも脱帽と申し上げる。

サブヒロインとの逢瀬から最後にメインと結ばれる構成では時にメインが霞むことも少なくないのだが、本作では頁をたっぷり用意してメインヒロインたる香生子との場面をしっかり描いていた。これによる官能面の充実感は顕著である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示