サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

hontoレビュー

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

母娘みだら下宿 したがり未亡人大家(フランス書院文庫)

母娘みだら下宿 したがり未亡人大家 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

安定の作風でじっくり描かれるも官能面に今少しの刺激がほしい

2017/12/25 23:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほぼ年1冊という出版ペースは崩れておらず、本作もまた『ママvs.町でいちばん美しい母娘』より1年2ヶ月で発売されている。今回もまたオーソドックスな設定を丁寧に描いた作品である。ただ、少年(青年?)の主人公が年の近いヒロインを飛び越えて最年長(本作では下宿の女主人である【美智子】37歳)に恋心を抱き、アタックする展開を主軸としているため、不幸が続いた未亡人でもある母・美智子の幸せを願う娘達(OLの【沙織】25歳&女子高生の【綾乃】18歳)が一歩引いたところにいるのが特色と言える。

昨今の流行りなのか、ヒロイン達母子の関係はちょっと複雑。沙織は1人目の夫の連れ子であり、綾乃は2人目の夫との実子。つまり、姉妹および姉と母に血縁はなく、その母は夫と2度も死別している。これにより、どこか遠慮気味で苦労を背負い込みがちな沙織や、相手を不幸にさせてしまう(と思い込んでいる)美智子といった色づけがなされている。背の高さにコンプレックスがある綾乃も含めて背景のあるヒロインばかりとなっており、それを癒す主人公という優しさと温かみが全体を覆っている。また、時間経過もしっかりあるために男女の仲が次第に熟成していく良さもある。

しっとりした淑女の美智子が徐々に昂っていくのは台詞の少ない控えめな官能描写の中で読み手が掴み取っていく必要がある。しかし、そうした落ち着きがあるからこそ掴み取った時の淫猥度は決して低くない。また、母への遠慮もあって控えめだった沙織の誘惑は、主人公への想いが抑えられなくなってくるに連れて積極さが増してくる。そして、最も控えめなポジションにいる綾乃も以前から主人公を好ましく想っていたことから破瓜を捧げ、その後は人が変わったように積極さと淫らさを見せるように変化する。ややもすると物足りなさを覚える前半と、箍が外れたかのように3Pから4Pへと雪崩れ込む後半とでは印象が違ってくるであろう。読み始めてしばらくはタイトルにあるほど『みだら』かな?と感じていたが、最後は確かに『したがり』なヒロイン達だった。今一つ要望するとすれば、予定調和なアプローチに終始した感もあったので、突発的な意外性なども多少はほしかったところか。

美智子への想い一直線だった主人公が、沙織や綾乃の本心を知るにつけ徐々に美智子一筋でもなくなってくるような曖昧さを感じなくもないが、元より人の心は曖昧であることを思えば自然なことなのかもしれない。最終的には下宿人たる主人公を含めた「新しい家族」の完成へと至る結末である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示