サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
17 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

絵は感じるよりも知ること

2017/11/26 14:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アリッサ - この投稿者のレビュー一覧を見る

みなさん怖い絵展には行かれましたか?
行った方はご存じだと思いますがものすごい人気です。
人人人で絵も解説も落ち着いて見ることは難しかったと思います。

そんな怖い絵展に展示されている、一部の絵を解説しているのがこの本になります。
絵の解説もそうですが、この展覧会の開催までどれほど尽力されたかの
エピソードも載っており、日本であれだけ多くの絵を観ることができた喜びを改めて感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

展覧会といっしょに

2017/09/10 10:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テンダーレイン - この投稿者のレビュー一覧を見る

展覧会のカタログは大判で読みにくいから、これがコンパクトでとても重宝です。何せ大人気の展示で、もう一回といっても、すごい人ですから。
 表紙のレディ・ジェーン・グレイ…まるで天使のようでした。ウォーターハウスも、日本ではあまり見られない逸品ですよね。本を読みながら思い出せます。
 ぜひ、展覧会へ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

怖い絵展

2017/08/11 22:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トクちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

待ちに待った「怖い絵展」が地元で始まりました。
週末が夜の8時まで開いているので、週末ごとに通っています。
表紙になっている作品、何度見ても感動です。
この本は中野京子さんと宮部みゆきさんの対談なども載っていて、楽しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

怖い絵

2017/08/09 16:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぺろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回、怖い絵の展覧会があるとのことで母から頼まれて購入しました。母は病気をして治療の副作用で足にしびれがあり、遠方なので怖い絵展に行けそうにないので本を購入しました。怖い絵と怖い絵展にまつわる解説などもしてあり良かったみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

対談相手は宮部さん!

2018/07/03 21:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回はセザンヌの衝撃的な作品にびっくり。彼が抱えた暗いものがほの見えてイメージが一変しました。対談は宮部みゆきさんと!必読!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「怖い絵」効果に乗っかりすぎの企画本はちょっとがっかり感が否めない

2017/07/23 23:24

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

「怖い絵」がついに展覧会となるらしい。中野京子さんのシリーズはすべて読んでいるが、本書はこれまで取り上げてきた絵画の再度詳細な解説もあり、また、セザンヌの「殺人」なども取り上げられている。セザンヌの若き日の葛藤が解説されて興味深い。中野さんの特徴は、単に絵画の解説にとどまらず、その時代背景や、関連する事件などが語られていて刺激的だ。
本書は「中野節」ともいうべきアイロニー口調は控えめだ。
そして、余計なのは宮部みゆきとの対談。「怖い絵」ファンの心境を宮部が語るのだが、この本を買うような人はすでにコアなファンなのだから、あえていらない。「怖い絵」を楽しむために知っておきたいことも宮部の言葉と「まるかぶり」。これもいらない。
「展覧会ができるまで」の章に期待するも、期待はずれだし・・・
「怖い絵」効果に乗っかりすぎの企画本はちょっとがっかり感が否めない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/11/27 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/07 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/24 06:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/30 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/21 09:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/28 12:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/09 07:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/20 11:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/25 15:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

17 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。